パーリスに聞け!(フォームメーラー)










190421 清水コーチって将海かよ


 Bリーグプレーオフの複雑なレギュレーションを何度も読んで理解した。福岡のB1ライセンス剥奪、B2からライセンス無しクラブが勝ち上がって来やがってしかし入れ替え戦をやって金を稼ぎたい運営が絡み、もうインセプションみたいに難解すぎる。それでも入れ替え戦無しの可能性がある。
 さらに福岡は一気にB3まで落ちる可能性がありそう、そうなるとB2八王子がB3入れ替え戦に出なくて良くなるんだよ!もう意味が分からない。
 B3からB2に昇格するのは板橋の体育館が狭くてライセンスが取れないあのエクセレンスだけど、今回B2ライセンスがもらえたらしい。理由は「2023-24シーズンから東京23区内に計画されている新設アリーナを利用予定のため」。どこにそんなものが出来るんだ、前もそんなこと言って出来なかったような。
 金沢とか福岡とかダメクラブがライセンスを剥奪されてるのでB2は18チーム揃わなくなるかもしれない。ダメクラブでもやって行けたbjリーグが懐かしい。エクセレンスとB2行きを争っているのは、大塚商会アルファーズが名を変えプロ化した越谷アルファーズ。八王子とか越谷とか、なんかさあ…。



 AAAなんてにっしー、宇野ちゃん、スカイハイ、狩野英孝しか知らない。あっその狩野英孝か、でおなじみの浦田がついにやらかしたか。いくらヤンキーの仁義に厚いエイベックスとはいえ、TOKIO、純烈案件と同じでAAAというグループを守るためには解雇だろう。でもスパガの稼農ですら数年後名前を変えて戻ってこれたのだから浜崎西太后の寵臣でもある彼を完全に切り捨てはしないだろう。数年後西太后のバックダンサーからやり直しだな。でえじょうぶだ、後でドラゴンボールで生き返れる! 思いっきり切れ松浦!



4/16 天童よしみ @浅草公会堂

 オラもっと強い奴と戦いてえ!という気分で見てきました。ジャンルを越えて凄いボーカリストを見たい。
 演歌は客がネットで買ってないからギリギリで買ってもいい席が買えるとサブちゃんや森進一の時言ったけど、今回なんと2列目が出ましたよ。そして自分の前誰も座ってないからまあ最前ですよ。遠くからでも記号としてわかる天童よしみちゃんの顔をゼロ距離でクッキリ見るとは。
 まずバンド編成をチェック。ドラム、ベース、ギター×2、キーボード、パーカッション、バイオリン、ホーンセクション×4、コーラス×2の豪華13人編成。ドラムがそうる透だったのでアルフィーと繋がった。
 1曲目いきなり珍島物語が激アツ過ぎる。ワインレッドの心、糸、やっぱ好きやねんとポップスのカバーもやった。もの凄い声量、情念、表現・演技力と3つ揃った完全無欠のボーカル。その歌を受け止めるのは台風の中にでもいるような感覚だった。 美空ひばりメドレーでは美空ひばりに寄せて歌ってくれる。大ちゃん数え歌が無かったのは残念だったが、「この世で一番強いヤツ」って感じのライブだった。
 浅草公会堂にも入ってみたかった。1000人というちょうどいいホール。有安とはるな愛の花輪があった。はるな愛本人も来ていて、あそこにいまーす!と晒されていた。



4/16 KRAFTWERK @Bunkamuraオーチャードホール

 浅草から銀座線で終点まで。テクノの元祖クラフトワークを人生で一度は見るべきだ。
 全員3Dメガネをかけて着席して待つ。クラフトワーク登場、全身タイツで4人並んでネットサーフィンという何度も見た記号ライブスタイル。この中に1人何もやっていない人がいますというクイズみたいだ。映し出される3D映像は子供の頃見たSF映画「トロン」あたりを思い出したレトロフューチャー感覚でワクワクした。代表曲の数々を最新のリミックスで聴かせてくれる、でも3Dメガネをかけて着席なのだ。電卓は電卓だよなあ。
 今回6列目でサンキューミスターウドーだったが、彼らが手元で何をやってたか全く見えないので2Fからもう1回見たいがそんな金もヒマもない。ラルフ・ヒュッターは結構普通に歌うんだな、ボコーダー的な感じじゃなくて。テクノとは子供をワクワクさせる音楽だ。






190418 宇宙戦艦アルフィー(65才のバンドのアルバムタイトル)


 アルフィーの夏のライブは幕張収容所か、何にも見えないぞ。これで一番暑い時に出かけなくて済んだ。あそこはスタンドも無いただのデカい倉庫だから、一角をステージに使うフェス系ならともかく、まともな歌手・バンドがワンマンライブをやる場所ではない。
 でもニューアルバムのタイトル「Battle Starship Alfee」=宇宙戦艦アルフィーというのはマジキチっぽくて期待してる。 なんかオリオンとか無情の愛Xみたいな特撮アニソン系の曲ばかりになりそう。松本RAGEに許可は取ったのかな。

 a-nationもラグビーワールドカップで味スタが使えなくて今年は関東無し。正田醤油スタジアムでやればいいのに、あそこでラグビーやらないだろう。なんかすごい牧歌的なa-nationになりそう。あと宇都宮清原球場とか。東京周辺ばかりが関東じゃねえぜ!と「正義の超人はキン肉マンだけじゃねえぜ!」ばりに声を上げた。

 ラグビーワールドカップも一つぐらい見たい気もする。寂れた場所でやるチケット売れなそうなカードがいい。そんなわけで熊谷でやるアルゼンチン対アメリカがいいんじゃないかと思う。



4/13 i☆Ris/5th LiveTour〜FEVER〜 @三郷市文化会館

 3年連続ホールツアー。ホールである限り行きますよ。ライブは浜崎さんの流れを汲むバーレスク風のアートワークで、エイベックスらしいアガる曲連発のセトリ。茜屋のバラードとか無かった。そんなライブだから客の発狂度がヤバかったですね。年々ヤバくなっている。久保田や山北のソロ曲でネズミ花火のようになっていたオタクが山北澁谷の曲で休んでたり。周りのオタはオカダスズコの話ばかりしていたり、アンコールのアーイーリス!コールの中にウェイク!アップ!ガールズ!と叫ぶ奴がいたり、オタクの方が面白い。
 ミルキィやWUGの残党も流れてきているのかと思った。でも客は増えてないんだな、どうしてよ! どうしてどこもソールドアウトしないのよ〜! 終盤メンバーが客席通路に降りてきたがi☆Risでそれはちょっと危ないんじゃないかと思った。全員クセが強いから見れば推しを一人必ず見つけられると思う。 プリパラの曲を減らして新曲を増やしたりプリパラ頼みから脱却しようという意図を感じられたのは良かった。なのになぜChanging pointやらないのよ。もう1回はどこかへ行くだろう。

 三郷→九段下が結構ギリで2時間15分以上やったら途中で出るつもりでいた。2時間12分ぐらいで終わって完璧だった。 念のため常に遅れる常磐線は使わず、高くてもつくばエクスプレスで行った。20秒早発して謝罪し海外でニュースになったつくばエクスプレスを信じた。



4/13 エリック・クラプトン @日本武道館

 2年前のニューヨークでデペッシュモードの直前にクラプトンもマジソンスクエアガーデンでライブをやっていた。その時調べたら一番遠い安い席で250ドルぐらい、近い席になると1000ドル越えですよ。クラプトンってアメリカで見るとめちゃくちゃ高いんだな。ならば来日した時一度見なければならんとその時思った。日本だと一律125ドルでしょう狭い武道館で。
 席は真横でちょっと注目していたキーボードのポールキャラックが後ろ姿しか見えなかった。レイラ、バッジ、シェリフ、ティアーズ・イン・ヘヴン、ワンダフル・トゥナイトと知ってる曲ばかりで興奮した。ブルースがHR/HMの祖であることがわかる、一度は見ておくべきだった。
 アンコールで同じく来日中だった現代の3大ギタリスト、ジョンメイヤーが飛び入りで曲はコカイン。サビでコカイン!と客が叫ぶ。ジョンメイヤーのライブも見たかったのだがさすがに余裕が無かった。でも彼の所属するDead & Companyをシカゴで見られるかも知れない。あのグレイトフルデッドをリグレーフィールドで見られるならばストーンズにも勝る。 デッドは絶対に来日しないから。






190416 ライブレポが10本貯まる恐怖。


ザ・ノンフィクション ふぞろいの宝石たち

 GEM解散から1年経ち、年度をまたいだ所でメンバーの今の状況を振り返ってみようと思いました。

・エイベックス残留組
熊代 ONE CHANCE加入 リーダー
平野 ONE CHANCE加入 たまにモデルの仕事がある
小栗 ONE CHANCE加入 大学4年
西田 ONE CHANCE加入 高校3年
金澤 SUPER☆GiRLS加入
森岡 舞台女優へ 仕事は多い
南口 ウクレレシンガー兼舞台女優

・エイベックス離脱組
伊藤 HIDLへ移籍 7☆3加入 主に地元愛知で活動
武田 サンミュージックへ移籍

伊山 DEAR KISS加入
村上 デキ婚 夫婦ユーチューバー

 ONE CHANCEという後継グループが出来たもののほぼ活動はない。森岡の舞台仕事は順調なのでエイベックスは歌手を売り出す気はなく舞台やるなら残れるという感じ。熊代と平野はエイベックスの食堂でバイトしてる姿がテレビで映っていた。芯から歌手である熊代はONE CHANCE以外仕事が無く辛い状況だが本人のキャラのせいか悲壮感はない。
 歌手をやりたくて移籍したはずのエース武田が行ったのは今や芸人事務所のサンミュージック。あそこ歌手なんかいないけどどうなることやら未知すぎる。
 1月に南口伊山村上以外の8人でGEMの同窓会があった。当然8人は村上の出産も無視である。南口は唯一まだ伊山村上と交流がある人物なのでチェッカーズにおけるクロベエの立場に近くなってきた。
 全員一応芸能界にいるので、ザ・ノンフィクションふぞろいの宝石たちとして毎年振り返ってみたい。特に1年後は小栗と西田の卒業があるので去就が気になる。自分が心配しているのもその2人である。エイベックスは去る者は追わずという感じで縛りもなく移籍できるみたいなので西田ひらりちゃんどこかに逃げられないか。



4/12 イースタン 日本ハム×ロッテ @鎌ヶ谷スタジアム

 ちょっとアジャの様子見てくる。市川のライブ前に鎌ヶ谷のロッテ戦があるのに行かない法はないだろう。藤原も安田もいる。高野がピッチャー返しを受けて救急車で運ばれるアクシデントはあったが、三家のホームラン、アジャ二世山口のツーベース、伊志嶺の暴走、ハム万波の2ホーマーなど見所は多かった。万波ってなんだあれティムアンダーソンみたいだった、とんでもない奴がいるもんだ。アジャは200打席与えないと打たないから2軍落すより8番あたりに置いとけばいい。今年はマリン行かないかも知れん。


ジャイアン。エラーしたらぶん殴る。2軍のぬし復活


メジャーリーガー万波



4/12 UNICORN/100周年ツアー百が如く @市川市文化会館

 大昔から好きだけどそういえば一度も見たことが無かった。あの5人をやっぱり見たかった。全員クセが強い、奥田民生を単なる1/5にしてしまうこれぞユニコーンだった。
 今回のツアーは100にこだわりがあって100分で終わらせるという短いものだったが、最近ライブ行き過ぎで疲れていた自分にはこれが良かった。だらだらグッズ紹介などせずMCは曲間に短く入れてすぐ次の曲をやる凝縮したライブだったので短い気はしなかった。
 ライトファンである自分には働く男とヒゲとボインと自転車泥棒聴けただけで十分。でも一番凄かったのは新曲の55だった。ライブで聴いて奥田民生のボーカリストとしての凄さに圧倒された。あんな感覚は体験したことない。いじられまくる阿部などおっさんイチャイチャコンテンツとしても優秀、その極北にアルフィーがある。






190414 庵野秀明は実写ドラマでガッキーの父親役をやったことがある。○か×か、さあ行け!


 喜矢武豊は現代の稲川淳二と化してるな。曲タイトルが令和でもやってることは昭和のテレビっていう。俺はこうでもしないとバンドに貢献できないんだ!という彼の献身ぶりに泣けてしまう。


 三浦大知がキムタク娘の作った曲を歌わなきゃいけない理由とは。何故よりによってライジングがキムむすの箔付けに協力してやるんだ。またその曲がジャニーズ主題歌のドラマの挿入歌になってることからジャニーズとライジングの間での高度に政治的な取引を察して恐怖すら感じる。マルタ会談みたいにジャニーさんと平のオジキが握手してる写真でも出してほしい。 芸能界で最もオジキと呼ばれるのが似合う人。



4/6 9nine/one man live 2019 Forever 9nine @中野サンプラザ

 9nine活動休止前のラストライブ。チケット普通に売ってるので行くことにした。ラストライブなのに2Fの後ろ半分はガラガラで。はっきり解散と銘打って昼夜でなく1公演だったら売り切れただろう。
 最後だから今後に続く発表もなく3時間近くひたすら曲をやりまくる激しいものだったが、足掛け15年もの歴史を持つグループの終わりにしては寂しい気もした。佐武が最初誰だかわからなかった。また変わったのか。やっぱりはっきり解散の方が潔い気がする。解散で再結成すればうみにーもスムーズに参加できるのに。
 そういえば一番最初の9nineではるびび推しだった。9nineって黒髪ロングのすらっとした美少女、いわゆるルックスメンの存在がついにいなかった。それっぽかったのがるびびだったんだけど。そういう新規ホイホイがいなかったのも9nineがいまいちだった理由の一つだと思う今更ですが。るびび→空白→ヒロロっていうのが推しの変遷だった。 2人多分会ったことないと思うけどニックネームのセンスは似てる。



4/1 PET SHOP BOYS/The Super Tour @日本武道館

 たまにA1、A2、A3と縦に配置することがあると聞いたので油断しなかったが本当に最前だった。横の方だがそれでも武道館の最前は初めてだった。最後隠し出口が開くのねキネマ倶楽部みたいに。
 予習してきた通り往年のヒット曲全部網羅で近年の曲の中に上手くまぶしてある「こういうのでいいんだよこういうので感」がやたらあるセットリストで満足した。Se A Vida Eが聴きたかった。








190409 振り向かず愛のために闘え


 今更ですが2016年の
ドイツ旅行記をまとめてみました。もう細かい記憶が無かった。何せ3年も前なのでシャビもラームも引退している。ウンハイリッヒはグラフがソロ活動でもしてるのかと思いきや彼は完全に引退していた。残されたメンバーがウンハイリッヒの名を使って他のバンドとコラボツアーをしてクイーンのようになっている。Megaherzは何も変化ないです。
 3年経つけど欧州サッカーをまた見に行きたいという気分にはならない。メジャーリーグは2年行かないと禁断症状が出るくらいになってしまったのだが。何故かというと、欧州サッカーは試合だけやっているのである。いや当たり前ですが。やっぱり欧州におけるサッカーとは戦いであってエンターテインメントの要素は薄い。アメリカはメジャーリーグもNBAも常に客を楽しませる演出があり、スタジアム内部も全部デコられていて見る所が多い。試合を知らなくてもそこにいる雰囲気だけで楽しい。欧州は遊びが無い。どっちが好きかと言われればエンターテインメントならアメリカだ。アメリカ万歳。それに欧州サッカーはチケットを取るのも大変だ。メジャーリーグは重要な試合でもない限りチケットはいつでも取れる。試合は毎日やっているので毎日見れる。だから自分にとってサッカーはJリーグで十分。






190407 48日後…


 ミックジャガーが入院してローリングストーンズの全米ツアーがキャンセルになってしまった。実はシカゴのソルジャーフィールド公演に行くつもりだった。ストーンズは東京ドームで見たことあるからいいんだけどアメリカの巨大アメフト場のライブというものが見てみたかった。
 この日のシカゴには見られるものがいっぱいあって予定をまた立て直さなきゃいけない。 ヒュージャックマン、ミランダランバートのフェスとか。グレイテストヒューマンも見たことないお前が何故ヒュージャックマンを見るのだと言われればユナイテッドセンターに行きたいからということしかない。しかしそれよりもメジャーリーグメインで行くのだから強引にもう1都市メジャー観戦増やす方向で考えてる。あんまりアメリカ国内便乗りたくないんだけど。
 アリアナグランデちゃんのツアーに行きたくてニューヨーク回しを本気で検討していた。ティーンアイドルからいろいろあって本格的なエンターティナーに脱皮するツアーだから行きたかった。どうも今回のツアー、本気でデジカメを持ちこんじゃいけないなど入場が面倒くさそうなのでここは我慢だべという気分になった。望遠で撮影できないのなら日本と同じだからなあ、年末あたりに来るだろ多分。



 ポルノグラフィティ、ケツメイシ、aiko、ASKA、山下久美子とか昔好きだったライブを見に行ってるんだけど、今年クジ運が良くてほぼ全部行けてる。これからもこんな予定で夏まで生きていられるか不安。

4/12 ユニコーン 市川市文化会館
4/13 i☆Ris 三郷市文化会館
4/13 エリック・クラプトン 日本武道館
4/16 天童よしみ 浅草公会堂
4/16 クラフトワーク オーチャードホール
4/28 筋肉少女帯 EX THEATER ROPPONGI
4/29 YUKI 神奈川県民ホール
5/9 岡村靖幸 中野サンプラザ
5/12 Psycho le Cemu 中野サンプラザ
5/18 THE ALFEE 福岡サンパレス
5/19 サザンオールスターズ 福岡ヤフオクドーム
5/22 GLAY NHKホール
5/28 吉田拓郎 宇都宮市文化会館
6月 坂本冬美 明治座
6月 シカゴ遠征
7/27 アリス 松戸森のホール
7/30 B'z さいたまスーパーアリーナ

 ミスチルだけ当たらなかったんだけどサザン優先だったからもう入れる日程なかったという。 サザンは4〜5年に1回しかやらないけどミスチルは毎年やってるから。















ログ

1902-1903
1810-1902
1807-1809
1804-1806
1801-1803
1711-1712
1706-1710
1703-1705
1611-1703
1608-1610
1605-1607
1603-1604
1512-1602
1510-1511
1508-1509

新党
1505-1507
1503-1505
1501-1502
1410-1412

more aggressive
1409-1410
1407-1408
1406-1407
1404-1406
1403-1404
1402-1403
1312-1401
1310-1312

ex
1306-1310
1302-1306
1210-1302
1204-1209
1111-1204
1106-1110

1012-1105
1009-1012

DECADE
1005-1008
0912-1004
0907-0912

No9
0812-0907
0809-0811


速報
2017 Global Spirit Tour旅行記
2016 ドイツ旅行記
2015 LA-SF MLB観戦記
2013 NYラッシュ旅行記























inserted by FC2 system