パーリスに聞け!(フォームメーラー)









171123 ドキンちゃんの後任になれたら一生定収入が約束されるよな


 ラブライブシリーズに出てくるアキバドームは一体どこにあるんだろうと考えてたら眠れない。やっぱりスタジアムは街と調和した景観が大事。外野席から高架上の中央線が見えるのがオシャレ。というとあの辺か。あと外見えるなら開閉屋根じゃないとダメだろ。ぼくが30秒でつくったさいきょうのアキバドーム





 GEMの村上伊山の素行問題、南口の生誕ライブが直前中止になったことでついに隠し切れない所まで来てしまった。 よりによって南口という嫌がってた水着グラビアまでやって頑張ってるメンバーにとばっちりが行ったことでファンのヘイトは頂点に達している。GEMはもうダメかもわからんね。あの明るい小栗が病んできたからな。物書いてる手元の動画とかアップしてる。ヤバい。もうひらりちゃんの鉄壁の笑顔でもごまかせない。
 しかし運営は伊山はともかく村上という馬謖を切れるだろうか。GEMは武田と村上のユニットだと思っている。2人を中心に集められたようなもの。村上は歌唱メンとダンスメンを兼ねていて歌パートも一番多く声も特徴的。切ったらほとんど別グループになってしまう。
 思えば村上は武田がLA留学決まった頃からおかしくなった。もろ日本のアイドルっぽいたぬき顔の武田より村上を留学させてやるべきだったと思う。ついでに伊山も。
 ともあれ選ばれたのは武田だった。ここでアイドルとしておかしくなっただけでなく人として壊れたと思う。それまで真面目だった分、一度躓くと脆かった。フェアリーズみたいに数か月の謹慎で済めばいいが。
 29日のSOL定期ライブが中止にならなかったらこれがそのままラストダンスになるかも知れない。怖いもの見たさで行ってみたいけどその日はリネージュ2が…。そういえばSOLとLUNAの全国ツアーってどうなったんだっけ。もうアイドルストリートめちゃくちゃ、常に混乱してて相変わらず面白い。





171120 パラデスの去就が気になって眠れない


 タワレコの安室奈美恵コーナーにThat's カンニング!のDVDまで平積みになっていてクスッとした。でもこれぐらいしかメインで演技を見られるのって無いんだよな。荒木定虎、山本太郎という脇もまた魅力的である。いちご白書とかDVD化してないし。今なら何でも売れるからここはライジングが怒りの「湘南リバプール学院」DVD化しかない。


 いしだ壱成が父親と同じ道を行っている因果に恐怖すら感じる。


 三浦祐太朗さんは結局母親の曲を歌い継ぐ歌手として収まったか。ここで山口百恵が娘を産んでいてくれたらなあと思わずにいられない。娘なら顔は似てなくても声を寄せて歌えば尾崎の息子ぐらい需要あっただろう。あんなぬぼっとした兄ちゃんに息子ですからといって歌われても「お、おう…」としか。娘だったらなあ。孫に期待するか。
 だが前にも書いたけど自分はあの世渡り上手そうな次男よりこのダメ長男の方がたまらなく好きなのだ。ダメ男好きな女の気持ちがわかったぜ祐太朗のせいで。



11/17 Yun*chi 5th Anniversary LIVE Asterisk* of Blue@渋谷DESEO

 東京ドーム行くか迷ったけどYun*chiの5周年ライブに行ってきました。あっち試合時間長そうなので。いわゆるエレクトロポップの中で一番好みなんでデビュー当時からファンだった。洋楽過ぎずアイドル過ぎずでエレクトロポップの塩梅がいい。
 全然売れてないからファン層が見えない。きゃりーぱみゅぱみゅやCAPSULEと同じ事務所の関係か、アニソンにもちょっと噛んでいたからそっちなのか。思ったよりは埋まっていた。業界関係者には好かれてる感がすごい。

 本編はカラオケコーナーというぐだぐだなものもあったけど、初期のReverbやBelieveから最新作まで、もしYun*chiが売れていてここが武道館だったとしても同じものを見せてくれたと思わせてくれた。そういうのを間近で感じるために行った。なんか得した気分になれる。春に柏パルーザで見たDASEINも同じようなボリュームだった。最後のMCで苦しい現状を言っていて去年見たみみめめMIMIを思い出したりもした。業界関係者に好かれているから大丈夫だろう。



11/20 傳田真央 × LOVE 〜Daikanyama Loop 9th Anniversary@代官山LOOP

 ここ遠いからあまり行きたくないんだけど好きなメジャーマイナー女性シンガーが多くやるんですよ。今回は特に自分にとっては2大スター夢の共演なので行ってきました。どのくらい凄いのかというと子供の頃コロコロコミックで読んだ超人キンタマンとあほ拳ジャッキーの合作「あほ拳キンタマン」ぐらい凄いことなのだ。
 2人ともコミュ力は高いけどカラ子とトド子ぐらい真逆のタイプ。意識高い運動家みたいなLOVEさんと、女子!女子!恋愛!恋愛!言ってる傳田さんと、この2人合うのかな、という興味もあった。デビューはほぼ同じなんだな、ちなみに自分はCORE OF SOULは最初からファンだったけど傳田真央のファンになったのはMAO/dで再デビューした頃。初期はR&B歌手ブームの頃で埋もれていたけどMAO/dからマルーン5みたいなポップ感が爆発して好きになった。

 LOVEさんはチベット旅行に行ってきた関係から民族衣装でブッダの話を始めるし、期待に応えてくれる。傳田さんは彼氏にしてはいけない3Bはバンドマン・バーテンダー・美容師とかそういう女子トークで来るし、全く真逆。最後セッションすると言ってるけどどういう化学反応が起きるのか。

 LOVEさんは春に出したPearlの曲中心、今回やはり傳田真央がメインだった。女子文化のサージェントペパーズと呼んだあの「恋愛中毒」からのメドレー、耳もとにいるよ、My Styleという十分すぎるセトリ。初めて間近で見る傳田真央は可愛かった、女子力高いわ。
 ラストで2人が出てきた時は感動した。ハイテンションで殴り合うようなトーク合戦。なんか怖かったですよ。そのテンションのままシンディーローパーのTime After Timeで濃厚に締め。なんて日だ!





171115 まさか日馬富士で広瀬すずの炎上を思い出すとは


 西内まりやがビンタしたのって平哲夫じゃなくて春日って人か。さすがに平のオジキを弾くのは無理だろう、怖すぎる。
 西内がキレるのはわかる。足掛け4年でシングル7枚出してアルバムもツアーも無しだ。年に1回アルバム出してツアーをやる、それさえやれば固定ファンは着いてくる。西内なんて普通にそれやれば売れてただろう。ライジングは伝統的にその普通のことが出来ない。変な所に金をつぎ込む。特に今はライブの時代なので定期的に発散する機会を与えないとファンは去ってしまう。西内なんてモデルやドラマで人気あったし普通にやってれば今頃アルバム3枚出てて初のベストアルバムが50万枚売れて東京ドームぐらい行けてたんじゃないか。
 フェアリーズもずっとイオンのイベントだけで、近年ちょっとツアーをやるようになったが2ndアルバムが出る気配はない。
 10年前の谷村奈南が最も不可解だった。JUNGLE DANCEでブレイクの兆しが出た時なんですぐアルバム出さなかったのかと。あの曲タイアップとかゴリ押しもなくセクシー系のコンセプトだけで火が付いたのに自ら吹き消した感がある。 すっかり忘れ去られた頃にファーストラストベストアルバムが出ただけ。もちろん単独ライブなどナシ。あの時普通のことをやってれば5年は全盛期があったのではないかと思う。今ボクサーの嫁になって叩かれてるけど。
 ライジングは素材は本当にいい、伝統的にルックスと実力を兼ね備えた人材を輩出してくれる個人的に最も好きな事務所だけど売り方がひどすぎる。平のオジキはジャニーさんみたいに人材育成だけやってくれ。ああライジングに飯島さんがいれば。



 野村周平は小出恵介2世の期待がかかるアミューズ若手特有の尊大な振る舞いが嫌いなんだけど、嫌な奴だけに悪役としての彼は評価してる。主人公に嫉妬する成金の息子とかやらせたらすごいはまる。地のままだとも言えるけど。 「この僕がお前と結婚してやってもいいと言ってるんだぞ!」とかそういうセリフを言って欲しい。



 人間の内面は表情に出るというが、広瀬すずが炎上した時、発言の内容よりも
言ってる時の顔がヤバかったと思う。他人を見下すことが心底楽しくてたまらないのが表情に出てしまっている。いわゆるいじめっ子の顔。「今のあんたがいちばんみにくいぜ!」って感じなのだ。
 あの顔を晒してしまったのは致命的だったと思う。もう広瀬すずが一途な女子高生役とかやっても無理なんだよ。そろそろいじめ役に転向して欲しい。
 日馬富士が貴ノ岩殴った席で止めに入った白鵬を突き飛ばしたって話で、お前白鵬突き飛ばせるなら土俵でやれよ!って突っ込みが入っていたが、広瀬すずもこんな顔出来るなら芝居でやってくれという話。この鬼畜顔を芝居で見たい。





171113 明日の親子丼をつかめ


 高校サッカー応援マネージャーは高橋ひかるに決定。東宝芸能からは出なかった。武井咲の乱で混迷するオスカーが早めに本命を叩き込んできたか。
 オスカーのゴリ押しはえぐいけど見ていて面白い。例えば芳根京子なんかはかわいいけど存在自体が全く面白くない。年に1、2本無難でコンサバなドラマと映画とCMに出るレールからはみ出さない感じが。その点オスカーは無茶するから見ていて面白いっていう。
 この子が来年から始まるだろうオスカーのえぐいゴリ押しに耐えられるだろうか。グランプリ受賞時のガリガリに痩せてた頃が思い出されるが最近派手になってるのでオスカー帝王学を教えられて図太くなってるのかも知れない。 でもエグザイル一族には気を付けてください。



11/11(土)FC東京U23×藤枝MYFC @夢の島競技場





 新木場から海浜幕張。時間的にちょうどいいので見てきました。J3今年見てなかったし。順位にはもう関係ないので高校生Jリーガーとなった久保くん平川くんの活躍だけが見所。2人の区別がつかない。意識高いスポ婚親父に育てられた兄弟みたいな。久保くんはすぐ交代したけど平川くんのゴール、高卒ルーキーのGK廣末くんの活躍など見所はあった。ここはいつも雄大な雲が出ている。風が強く寒くて眠くて死ぬかと思った。



11/11(土)スフィア@幕張メッセイベントホール

 活動休止前最後のライブ。にしてはツアーとそんなに曲変わってなくて名古屋の方が近い分だけ良かったような。でも幕張イベントホールという会場がアリーナにしてはコンパクトでいい。長く続いたものには価値がある。8年の歴史の重みを感じるライブだった。メンバーチェンジのないベテランガールズグループとしてはぶっちぎりでトップを走っている。戸松が露出度の高い衣装でがんばってる内は見に行きたい。あんな格好してるうちは結婚しないだろう。

 スタンド対面のボックス席に蒋介石みたいなじいさんがいてソニーの偉い人とかかと思ったら、富野由悠季が見に来ていたということを後で知った。じゃああれは富野だったのか。2年後に富野監督によるロボットアイドルアニメが作られる布石になるかも知れない。
 「愛に出会い恋は続く」が見たくて今年3回もスフィアのライブに来てしまったが結局見られなかったことになる。豊崎の人妻初ライブだったのに今やらなくていつやるんだ。でも憧れの富野監督が見られたから良しとしよう。

 これで今年はアイドル系のライブは多分終わり。後はベテランばっかりだな、安全地帯と永ちゃんの予習をしよう。リネージュ2。





171109 台湾でアジャと王柏融をこっそり入れ替えて帰ろう


 自分は出川の充電バイク旅を真剣に見過ぎている。でがわーでがわーと詰め寄って来る子供や若者、ベタベタさわって来る年寄り、群がって来る素人に必ず笑顔でサインを書き一緒に写真を撮る出川を見て感動して泣いてしまう。今これが出来る芸能人が他にいるだろうか。
 これが裏番組のめちゃイケより数字を取り打ち切りに追い込んだという説を信じる気になる。吉本の芸人は一般人をバカにしているからざまあみろという気分なのだ。出川の価値のある仕事に比べれば岡村と東野の旅猿なんてカスや。金満吉本芸人が一般人と絡まず金をかけて自分たちだけ楽しむブルジョワ旅に見える。



 高校サッカー応援マネージャー、今年は浜辺美波という大本命がいる。不安要素は日テレとの関わりが薄いのと東宝芸能から出たことがないぐらいだが今までもそれ無しだったことはあった。膵臓のヒットでまず決まりだろう。日テレのドラマに出ていたといえば吉川愛か久保田紗友だけど悪役だったし。清原果耶や高橋ひかるはさすがに来年以降だろう。
 あと誰かいたっけ、そうそう浅川梨奈。選手が一番喜ぶのは浅川だろう。青年少年漫画雑誌表紙全制覇の浅川を知らない男子高校生がいるはずがない。エンドユーザーの男子高校生のために浅川でお願いします。浜辺なんて無表情でビジネスをこなすだけだ。浅川ならサービスしてくれる。エイベックスの旗を立てろ浅川。
 最後予想ではなく単なる懇願になってしまった。そんな
スパガの新PV。廊下と倉庫? ついにセットを作る金も無くなったのか。





171108 なにわ皇子とさとり少年団に同じネーミングセンスを感じる


 シンゴーは大好きな飯島ママとツヨシと3人一緒で嬉しそうだ。今までネット番組というのはテレビに比べてショボく大物芸能人も出ない、タダでも見る価値ないと思われてきたが大物芸能人が出る先鞭をつけたとなればジャニーズは飯島という虎を野に放ってしまったのかも知れない。
 しかし一番得した奴が犯人の法則でいうと全ての絵を描いたのはやはり中居か。ジャニーズに残って男を上げたみたいな感じになってるし。ボロボロの木村くんや強烈なアンチも生んでいる3人に比べて一番得してる。
 3人が上手く行きそうなら合流すれば英雄のように迎えられるだろうし、潰されそうならそのままジャニーズにいればいいし。なんという高みの見物恐るべし中居。



11/6 i☆Ris/5th anniversary live@府中の森芸術劇場どりーむホール

 ホール規模のツアーが出来てチケットすぐ手に入るというファンとしては最高の状態にあることから今年5回も見に来てしまったi☆Ris、集大成の5周年ライブであります。
 去年武道館で来年はアリーナかスタジアムかと思ってたら平日の府中。ただの平日じゃない3連休明けの月曜、さらに府中だと帰宅ラッシュに乗って行かなければならないという試される日程だった。

 3rdアルバムのソロ曲が聴けるかと思ってたらこの日はファン投票ベストテンがセットリストに組まれてアガる曲ばかりで歌いっぱなし動きっぱなしのライブ。でももう知ってる曲ばかりだったからなんか普通のライブだった感じもある。スパガが良くやってるノンストップ全力ライブみたいな。
 5周年のスペシャル感というか、感動が足りなかった。紳助か。自分が行き過ぎたのかな。いや、感動など去年の武道館で終わってしまったのだろう。もう葛藤の日々は終わり、大人のチームとしてこの規模でこれからもやって行くという安定感があった。

 来年も同じ規模のホールツアーが決まった。すごく微妙にキャパ落ちてはいるけど。500mlペットボトル買って良く見たら400mlだったぐらいの。この規模はヤバいんだよファンとしては最高なんだぜ。
 今より売れてチケット取りにくくなったらもう行かない、売れなくなってスタンディングのライブハウスに戻ったらこれも行かない。春にツアー、夏に結成記念、秋にデビュー記念と常に単独ライブがある。アニサマとかアニマックスとかデカいイベントも多い。ルックスもキャラも個性的で面白いし、パフォーマンスのレベルは高い。もう完璧だぜ?
 推しグループがこの規模だととても快適なわけだ。東京ドームのチケット取れず音漏れ聞きに集まった奴らが暴動起こすとかそんなんもう楽しくないやん。嫌いな四字熟語「本人確認」「規制退場」ですから。来年のツアーも葛飾はまず行くだろう、近いから。バイトの志望動機か。





171102 いぬやしきって平松伸二原作?


オリフェス ORICON FES/THE ALFEE、SPYAIR、超特急@パシフィコ横浜

 何ともカオスな組み合わせだが、普段何をやっても絶賛してくれるファン相手にしかライブをやらないアルフィーが対バンに出る機会は無いので是非見たいと思った。
 なんだかんだ言ってアルフィーファンが一番多いのではと思っていたが超特急ファンのかなり若い女子が大勢を占め、いつものアルフィー現場とは雰囲気が違う。ジャニーズ現場に近い。なんせ男が全くいない。SPYAIRファンの男を5人くらい見かけたぐらいで。

 超特急はたしかももクロの弟分ということしか知らないが、男アイドルのライブを見るのは久々なのでテンション上がる。いきなり星空のディスタンスをカバーしてくれたのでさらにたまらないものがある。高見沢役だったタカシ君が一番人気なのかな。ジャニーズのライブのように延々叫び声をあげっぱなしということはなくフリは統制が取れていた。
 このジャニーズでもエグザイルでもない宴会ノリは何なのだろう、ラスト曲「バッタマン」を聴いていて、あっそうだ、CLUB PRINCEだ!と気づいた。CLUB PRINCEはゴールデンボンバーの祖でもあったように思えるが彼らが再評価されることはないだろう。

 SPYAIRはラウドロック、ポストグランジの要素があって一度見たかった。明らかに自分たちのファンが一番少なくあまり慣れない大ホールで戸惑っていたように見えたが、勝ち取りたい!ものもない!とオルフェンズの曲が始まってから本調子になったように見える。単に自分がその曲ぐらいしか知らないからかも知れないが。

 アルフィーはOVERDRIVE〜夢よ急げという、いにしえの儀式からスタート。とりあえず普段埋められてるドラムとキーボードが普通の位置にあるだけで泣きそうになった。今日はただすけも太郎のドラムもはっきり見られる、来て良かった。やっぱりロックバンドはこうでなくちゃ。
 間髪入れずメリーアン、シンデレラは眠れない、スターシップと80年代のヒットメドレーだった。Brave Loveとかやると思ってたんだけど。
 驚いたのが今やってるツアーのハイライトである「シュプレヒコールに耳を塞いで」。自分はもう一度聴けて嬉しかったけどフェスではマニアック過ぎないか。SPYAIRに負けないようにアルカディアか幻夜祭でもやるかと思ってたがこれで来た。若者に60年代ロックを聴かせたかったのだろうか。
 高見沢が一番派手な電飾エンジェルギターを装備すると「おお〜」とどよめきが。やっぱりこっちの方が面白いよな。あんなの幼稚園児が見ても釘付けになると思う。アルフィーを良く知らなくても「高見沢は変なギター持ってる人」というのはもう一般常識らしい。
 シュプレヒコール〜の長いアコギソロの応酬、星空のディスタンスの生声アカペラなど初見ファンに向けて大サービス。MCではアルフィーはオリコンのせいで改名させられたといういにしえのネタが。ツアーのライブを2度見るよりこっちの方が面白かった。

 超特急もSPYAIRもレジェンドだなんだとかなりアルフィーを立ててくれた。そんなに褒めたら照れるじゃないかとばかりに桜井がSPYAIRのボーカルの肩をバシンと叩いていたが加減を知らないおばちゃんのようで痛そうだった。
 若者にちやほやされるアルフィーを見るのはいい。「LOVEの今日ここ大阪にいるという事」の坂崎を思い出した。これに味を占めてまたこういう所に出て欲しいですね。なんならアルフィー主催フェスをやってもいいんじゃないか。氣志團万博やイナズマロックフェスみたいなカオスなノリで。場所は秩父織物会館。





171101 今年も終わりですね(追いかけて雪国)


 あちゃーベイス一つ勝っちゃったのか。どうせなら4連勝して終わってくれたら、明日オリコンフェス@パシフィコ横浜、帰り日本シリーズの客とカチ合わなくて済むと思ってたのに。
 アルフィーというものをちょっと見てみたい方はオリフェスへお越しください。チケット余ってるみたいなので。内弁慶アルフィーが自分たちを知らない若いグループの客を前にどんなセットリストで来るのか楽しみである。SPYAIRも普通に見たいし。
 ついでに乃木坂東京ドームのチケット取れなかったけど休みだけ取ってしまった方はi☆Ris府中にお越しください。チケット余ってるみたいなので。

 ワールドシリーズの方は。世間的にグリエルといえば野球は100点、人間性は0点の選手であります。なので驚きはなかった。個人的にはピーダーソンの活躍が嬉しい。2年前彼を見にドジャースタジアムへ行った。ベリンジャーの台頭ですっかり影が薄くなってしまったがワールドシリーズでこの活躍。アストロズにとっておそらく彼はノーマークだったのだろう。そしてこの盛り上がりの中ひっそりメッツを解雇されてる青木。








ログ

1706-1710
1703-1705
1611-1703
1608-1610
1605-1607
1603-1604
1512-1602
1510-1511
1508-1509

新党
1505-1507
1503-1505
1501-1502
1410-1412

more aggressive
1409-1410
1407-1408
1406-1407
1404-1406
1403-1404
1402-1403
1312-1401
1310-1312

ex
1306-1310
1302-1306
1210-1302
1204-1209
1111-1204
1106-1110

1012-1105
1009-1012

DECADE
1005-1008
0912-1004
0907-0912

No9
0812-0907
0809-0811

G
0807-0809
0801-0807
0709-0801
0704-0708
0610-0703


速報
2015 LA-SF MLB観戦記
2013 NYラッシュ旅行記
young person's guide to THE ALFEE























inserted by FC2 system