パーリスに聞け!(フォームメーラー)










211129 菅田将暉と小松菜奈って80年代でいうと誰と誰?

 ホリエモン球団に西岡、清田、大嶺兄弟が集結したらロマンがある。リアルどぐされ球団。




11/20(土) 脳ベルヒットライブ 亀戸文化センターカメリアホール

[司会]岡田圭右 / 川野良子 / 大木凡人
[ゲスト]麻倉未稀 / あのねのね / 伊藤咲子 / 氏神一番 / 大沢逸美 / 北原ミレイ / 串田アキラ / 桑田靖子 / 小林千絵 / こまどり姉妹 / ずうとるび / トランプマン / 錦野旦 / 西山浩司 / 堀内孝雄 / 森口博子 / 山口良一 / ラッキィ池田

 地上波では明け方やってる高齢者クイズ番組の音楽版。この面子を小さいホールで見られるのアツ過ぎる。ザックリとした内容は
こちら
 いきなり麻倉未稀のヒーローと串田アキラのシャリバンまで飛び出したメドレー。もう元は取れた。ビートルズには間に合わなかったがずうとるびを生で見ることには成功した。「力道山を力ちゃんと呼んでいたデビュー62年のアイドルグループ」というパワーワード(そんな人が実在するんですか?)で呼びこまれたこまどり姉妹!!ロボットのようであった。
 石狩挽歌や空に太陽がある限りを生で聴ける感動。そしてイモ欽トリオを同じ月に2度見るとか人生は不思議だ、山口良一と清水国明の噂の東京マガジンコンビ夢の共演という謎の感動。森口博子と川野アナウンサーの中森明菜メドレー、森口の振り完コピで中森明菜をまた聴きたくなった。
 一番凄いのは岡田圭右でした。脈絡なく同時多発ボケをかます高齢メンバーを全て突っ込んでテレビで見られるようにする彼の献身ぶりたるや。凡ちゃんやずうとるびの江藤山田などはナチュラルにボケている。ずうとるびがアルフィーより年下にはとても見えない。テレビと違い生で見ると岡田の大声・オーバーリアクションはアスリートのようで感動してしまった。公開収録で1人1人こんな時間かけてたら相当押すなと思ったら壮絶な3時間越え。昼間やればいいのになんで18時スタートだったんだ。岡田も「俺は日本シリーズが見たいんや!」と絶叫する。そういえばこの男オリックスファンだったな。




11/23(火) predia 11th Anniversary Live SIX DIAMONDS 関内ホール

 関内ホールの横にはディスクユニオンがあるから早めに行った方がいい。先日ついに解散を発表したprediaの11周年ライブ。セットリストはオールタイムベストで自分は後期の曲しか熱心に聴いてない。自分がファンになると解散する。
 やっぱりあれか、あの30歳以上限定・既婚可という狂った新メンバーオーディション。あれが該当者なしだったのが痛い。あれで歌やダンスの経験者が来れば違ったんだろうけど結局素人しか来なかったらしい。 仕方なくプラチナムから若い子を一人取ったんだけどこんな歴戦の荒くれ姉さんたちについて行けるはずなくすぐ脱退。もはやprediaの芸は誰にも継承出来ないことがはっきりしてしまった。




11/23(火) 上野優華 LIVE TOUR 2021〜ヒロインにはなれなくて 横浜ランドマークホール

 横浜中堅アイドルまわし。関内ホールからランドマークホールまで終演から歩いて時間ぴったし。計算通り。ここは三井ホールとか山野ホールと同じで高層ビルにある会議室をライブ会場だと強引に言い張ったような所。コロナ前の箱不足でこういう所増えたな。他にニューピアホールとか恵比寿ガーデンホールなんかもそうかな。どこもエイベックスが良く使う。
 バラードが多いと思ってたけどいきなり荒ぶっていた。こっちは初期の曲しか聴いてないから最近の曲知らない。もう8年も固定ファンだけ相手にやってるせいか、ファンに対して当たりがきつい印象。こっちは一度見たいと思って長年経ってるから。いつも何かのライブとぶつかるんだよな。ちょっと見に行くのが遅かったからすっかり出来上がって優華ちゃんは逞しくなってた。どんな感想だ。




11/26(金) 地域CL Criacao Shinjuku × FC.ISE-SHIMA 西が丘

 いつも辺鄙な所でやってる地域CLが西が丘でやってるので行っておきたかった。結果的に勝ち抜いた2チームのスコアレスドロー。自由席はバックスタンドしか開放してくれないため暑い。日曜の第3戦は満員だったらしい。タダより高いものはない。でも今年は入れ替え戦があるのでまだ決まらない。
 これでクリアソン新宿と読むらしいにはJFLに来てもらいたい。新宿にスタジアムなど建つわけないので西が丘や駒沢を頼るんだろう、JFLが見やすくなる。武蔵野ユナイテッドは三鷹のグラウンドは遠いし狭い、それどころかせっかく合併したのに降格しそうだ。
 FC伊勢志摩も頑張ってもらいたい。伊勢神宮の近くにある陸上競技場を国体のため屋根設置と増席でJ1も出来るぐらい改装してしまった。その国体はコロナで無くなったんだけど。せめてJFLぐらい出来るようになってもらいたいもの。




11/26(金) 久松史奈 MAX -BEST COLLECTION- LIVE!! 池袋BlackHole

 自分はTOM CATのファンだから初期にTOM楽曲が多い久松史奈も再評価していて。ブレイク直後に出したベストアルバムの再現ライブ、それならTOM CATの3曲と「天使の休息」「微笑みながら」も聴けるということだ、で行ってきました。それしか知らないからな。飲み屋街の路地の地下でV系バンドとかが良くやる所らしい。狭いが着席だった。
 いきなり「そこのレディに告ぐ!ただちに武装解除せよ」これだ、これが聴きたかった。TOM CATのキャッチーなメロディ、J-POPを先取りしたテクノとハードロックの合体も凄いが一番はTOMさんの言語センス、あのサイバーパンク西部劇とでも言おうかイカす世界観は誰にも書けない。久松史奈しかTOM CATの曲を歌ってくれる人はいない。そしてヒット2曲も出てアルバム完全再現だった。70分もあったっけこのアルバム。好きな曲しか聴いてないから知らなかった。ドラムの女性がニコニコしながら叩いていて印象良かったが、中ノ森バンドの人だあ! 立派になって。




11/27(土) KING CRIMSON MUSIC IS OUR FRIEND JAPAN 2021 東京国際フォーラム ホールA

 バックトゥザフューチャーのドクがテープで張り合わせたボロボロの手紙をドヤ顔で見せるように。
 キリストは言った。生きようとする者は死に、死のうとする者は生きる。どうしでも行きたいライブは絶対にチケットを確保したいのでクソ席を掴まされる、行かなくてもいいと思っていたライブほど後からいい席が手に入ってしまう。

 これ入場列じゃないよね?と着いていきなり驚く長蛇の列。どうせ全員入るまで始まらない、地下でやってた「日本人の働き方展」を見てくるがそれでもまだ並んでる。どうも来場者登録を事前にやってない客が多かったみたい。入口寸前になって大勢紙に書いたりスマホ入力して大立往生。周知徹底してないのも悪い。
 セットリスト的には3年前6年前とやはり変化はないがこの日は有名な曲は戦慄2以外全部やったと思う。ピクチャーズオブアシティが戦慄2だったら完璧だったのかね。戦慄1はやった。席がパットマステロット側だったのでギャビンの済ました感じよりパットの激しいドラムの方が好きだ。ジェレミーは熊が器用にキーボード弾くなみたいな。メルコリンズ先生はパワーダウンしていた気がする。3年前6年前はサックスが一番凄い!と思った記憶がある。今回はフレーズをなんとかひねり出す感じで苦しそうに見えた。もう1回見たいが…行かないつもりだったので十分だろう。









211115 美馬と二木がスペシャルマンカナディアンマンの扱いになるとは思わなかった

 重大発表 今回のキングクリムゾン見に行くの断念。メンバーも変わってないしレパートリーも3年前6年前と同じみたいだしチケットむちゃくちゃ高いし。ここは我慢だべ。




11/5(金) 松本隆 作詞活動50周年記念 風街オデッセイ2021 日本武道館

 自分は阿久悠派なのだが、見たい人が多いので行ってきました。ギリギリでB'zまで追加されてどう見ても金曜の方が豪華。アグネスまだカタコトだすごい!とか大橋純子ギラギラしてんな!安田成美よくそんな歌で出て来たな!とか見所満載だった。そしてセクシャルバイオレット稲葉。もう1曲スニーカーぶるーすなんか稲葉の歌で聴きたかったけど1曲だけというB'zの贅沢な使い方。井上鑑、山木秀夫、金原千恵子の演奏する姿を見られたのも貴重だった。
 序盤で太田裕美が出てくるのでああ年代順なのかと気づく。松本隆最大の名作に挙げられることが多い木綿のハンカチーフ。自分は昔から「都会の絵の具に染まらないで帰って」というフレーズがキザでかっこつけた感じで嫌いだった。お前何故来た。右脳で書いてるのが阿久悠。左脳で書いてるのが松本隆。松本隆作詞で一番聴いた曲って金子美香の「NUDE」かもしれない。次はTHE東南西北の「あの娘がほしい」とか。松本隆は中山美穂の作詞のイメージあるけど出ないんだな。武藤彩未には「派手!!!」とか歌ってほしかった。
 そして2人だけになったC-C-B。これが見たかった。一般的には笠浩二だけいれば成立する。はっぴいえんど前のトリが斉藤由貴だった。正確には太田裕美が再登場して1曲だけやったけど。いつものように由貴ちゃんどこ見てんの?って感じで登場。終始不安定で怖かった。2日後姪のライブを見る。
 最後にはっぴいえんど。今回細野松本鈴木じゃなくてはっぴいえんど名義なのは何故か?と思っていたけど鈴木慶一、井上鑑、吉川忠英がサポートに入っただけで普通だった。もし例の件が無ければ大瀧詠一の代わりにいたのは細野が盲目的に重用する小山田だった可能性あるよな。YMOだけでなくはっぴいえんどの準メンバーという実績もみんななんだかなあと思いつつも何となく加わっていた。オリンピックあって良かった。マジオリンピックレガシー。
 しかし客の年齢層高いほどマナーが悪いというのはよくある話で。半分以上規制退場を守らず出て行った。隣のババアなど人の荷物を蹴り飛ばして走って行った。客層若いライブの方がマナーがいい。はっぴいえんどのファン、湘南乃風ファン以下です。




11/7(日) CS1st ロッテ×楽天 マリン

 ダイナミックプライシングは安くはならない。AIが値段を決めるなら閑散試合は安くなるはずだがそうはならない。高くなるだけ。高くなるだけなのだ。ダイナミックプライシングはAIのせいにした単なる値上げである。
 i☆Risライブ前に試合が決まったのでどうしても行かねばならん。公式のダイナミックプライシングよりチケ流の出品者の方が常識的な値段で出したので何とか手に入れた。



 試合は助っ人のホームランをリリーフ陣で守るという今年の勝ち方で引き分け。CS1stステージ突破に大した意味は無いがロッテにはこのくらいしか喜ぶところは無い。井口のおかげでいい選手・コーチが入って来て強くなったというけどそれが選手の数字に見えてない。3割30本打てる大砲も防御率1点台のエースもおらん。オリックスにはそういうのが複数いる。来年は松川、村山といったデブ専にはたまらない選手が入ってきたので2軍見に行くか。




11/7(日) i☆Ris 9th Anniversary Live Queen's Message 幕張イベントホール

 一度やりたかったマリン、幕イベのコンボ。試合が3時間20分で終わったのでちょうどいい。着いたらええっ入場列まだあんなに長いのかい?と驚愕。客層若い。女子高生の一団から「i☆Risはメディア露出がない」と聞こえてくる。入場押してたのでなかなか始まらない。そういえば2周年の六本木ブルーシアターの時も30分ぐらい押したっけと思い出したりした。あれから7年! 席はゆるゆるで自分の列誰もいなくて快適。そもそも幕イベはスタンドのどこでもよく見える。
 ライブは過去最高だったのではないかと思える。プリパラ曲を最後ちょこっとしかやらず今のi☆Risで押したのは良かった。今年のノータイアップシングルSummer Dude〜12月のSnowryの流れは2005年のdreamに似ている。エロくないPrediaとか90年代の中西圭三の曲っぽいと思っていたが、そうだ、ナツイロ〜Boy meets Girlの時のdreamだ。自分その2枚死ぬほど聴いたから嬉しい。いつまでもモロ女児アニメの主題歌って感じのプリパラ曲に頼るわけにはいかない。
 観客スカスカなのに演出も気合入ってた。メンバーがトロッコで客席に散ってからのリフトで上空に上がってミラーボール大回転の中の「Thank you forever!」、こんなピンクフロイドみたいな演出をやってくれるとは。あれは会場でその中にいないとわからない。
 人気の久保田芹澤、実力の若井茜屋。後お笑い1人という構図になってきた。あと来年の10周年ツアーまた中野の翌週関内かよ。ちなみに7年前のブルーシアターのDVD見返したらおかっぱスポーツ少女茜屋かわいすぎて泣いた。今のケバいユーチューバー姉さんとは別人。




11/9(火) 小椋佳 ファイナルコンサートツアー「余生、もういいかい」 戸田市文化会館

 7年前大病患って生前葬コンサートというのをやったけど元気なのでその後も余生ツアーと題してやっている。しかし今回の「余生、もういいかい」ツアーで本当に引退だと表明している。なんか突然2列目とか売ってたのを見つけてしまったので行ってきました。コロナで1、2列目空けてたのを後から売りに出したんだろうか。ゼロ距離天童よしみに続くゼロ距離小椋佳。
 ラストアルバムの新曲を交えながら自分でも知ってるくらいの代表曲はだいたいやってくれた。もちろん他人に提供した代表曲も。美空ひばりのエピソードなどトークも面白い。77歳なので座りながら歌っていたが結局引退はしなそうに見える。何せ銀行員で出世しながら音楽でヒットメーカーになれるんだから生きる力が半端ない。しかしまだ4月までしか発表されてなかったがこのツアーは来年11月まで1年やるとのこと。それじゃあ疲れ切っちゃうかも知れないな。70年代フォークニューミュージックの人で国民栄誉賞取るのは小椋佳かも知れない。何せ銀行員だから安全だ。桑田や吉田拓郎にやったら何言われるかわからん。




11/14(日) 22/7 ANNIVERSARY LIVE 2021 国際フォーラムホールA 昼

 ナナニジとコインロッカーズの解散チキンレースというフレーズを書こうとしたが、ワーナーの撤収は早かった。チケットがデフレ状態だったので死肉を狙うハイエナのように行ってきました。
 ああ完全に口パクなのね。声優を名乗る人が口パクだとがっかりする。しかしみんな足細くて可愛いので気づいたらペンラ消して双眼鏡ばかり見てた。坂道のライブの時いつもこうなるのと同じ現象。セットも演出も単調で金かかって無さそうに見えた。なんせモニターが無い。こういうライブってアニメのMV流しながらキャラクターとシンクロを見せるんじゃないの。ソニーはシビアだからな、エイベックスは見栄張って金かけちゃう。そしてビルを売る。
 いろいろあって今年で5人脱退、オーディションで再建を図る。いなくなったキャラの分5人取るのか、キャラそのものを再編するのか興味が尽きない。まだこれだけ多くのファンがいる、オーディション該当者なしで逃げたコインロッカーズのようになることはないだろう。

 やっぱりキャラライブやバラエティの時、裏で全身タイツ着てモーションキャプチャーやるやつ、アイドルやりたい若い子があれ5年もやらされたら病むよな。数年前一足先に辞めた子が別事務所でグラビアで脱ぎまくってる。全身タイツより水着の方がいい。
 えのぐっていう中の人が一切表に出ないVRアイドルがキャラの活動休止を繰り返して1人キャラごと脱退した。ああいうの見るとVRアイドルは齢を取らずスキャンダルもないと言われるが中の人の消耗度はリアルアイドル以上だと思う。VRアイドルは無理なんですよ。困ったことにこのVRアイドルにめちゃくちゃ金かけてるのがエイベックスである。いろんな細かいプロジェクトを立ち上げまくりVRアイドル用の会社やレーベルまで作っているがことごとく誰にも知られていない。売れてない以前に知られていないのだ。今すぐやめろお前らビル売った金をドブに捨てる気か。まりなすは曲はエイベックスっぽくて好きだから音源は確保しておきたい。






211104 この街は戦場だから 男はみんな傷を負った清田




10/29(金) 燐舞曲 2nd LIVE -邂逅-/-観想- KT Zepp Yokohama

 加藤里保菜ファンとしては大会場で歌っている姿を一目見たい。ボーカル、ギターに2DJというもはやDJでもなんでもないエヴァネッセンスみたいなゴシックメタル。そんなバンドのボーカルをあのりほにゃんが。TOKYO TORiTSUこれで委員会の頃もボーカルが評価されて無かったのに。
 DJタイムが長くてなかなかりほにゃんが出てこない。メタルサウンドに張り合わないりほにゃんの声が乗るのはゴシックメタル時代のmoveにも似てる。motsuさん乱入してBlast My DesireとかDOGFIGHTをカバーしてくれないかな。
 次は8年前スパガに入れてもらえなかったあの日本青年館で単独ライブというアツい展開。アイドルストリート、ランク王国、けもふれ舞台、D4DJとめちゃくちゃなキャリアを積む彼女自身が物語のヒロインそのもの。浅川梨奈と加藤里保菜はキッズリターンのアイドル版みたいに見てる。だから大成功はきっとしないんだろう。




10/29(金) 吉本坂46 定期公演1周年記念SPオールスター大感謝祭 よしもと有楽町シアター

 横浜から帰りのついでに。吉本坂はシングルは一昨年から出てない。冠番組は吉本坂46が売れなかった全記録となって去年終了。代わりに始まった定期公演がこの日に終わる。何かあるんじゃないかと思って参戦。あと吉本坂を観れば全坂道観たことになる。内容は1年の定期公演を振り返るトークショー。そして河本が吉本坂は来年のライブを最後に冬眠しますと発表が。来た!ワシはこれを待っとったんや! 一応坂道グループなので解散は印象が悪いから自然消滅だと思ってたが冬眠とまで言い切ってしまうのか。ラストは全員歌唱のめっけもん。名曲だった。ここはいい会場だった。ミモザーヌの定期公演をここでやらせてもらおう。




10/31(日) 小柳ゆき LOST ANNIVERSARY TOUR SPHERE 球宇宙 2021 東京国際フォーラムホールC

 いつも上の階で見ることが多いホールC。初めて1Fでいい席だったので声量を全身を体感できた。まるで突風の中にいるようだった。デーモン閣下が嬉しいゲスト出演。2曲歌う。昔デーモンの曲に小柳が参加した曲はプログレっぽい。今回小柳の曲にデーモンが参加した曲はメタルっぽく両方とも凄かった。ラストは当たり前のように愛情、あなたのキスを数えましょうのコンボ。これならどこでも勝てる。やっぱり誰でも知ってるヒット曲持ってる人は強い。あと小柳ゆきって可愛いよな。7年前誰得だと思った小柳ゆきセクシーグラビアが意外と使えたのを思い出した。




11/3(水) J2 町田×松本 町田GIONスタジアム

 巨大なバックスタンドを新築したので一度来たかった。魔改造を繰り返しもはや別のスタジアムと言っていい。前のバックスタンドだった下層と新築の上層は完全に分けられている。ほとんど町田のペースだが最下位の松本も粘り3-2。ベテラン中島も活躍したしいい試合だった。松本や大宮はJ3に落ちてもさすがにすぐ戻って来るだろう。青森や岩手、宮崎や鹿児島の旅行を楽しめばいい。



 前の方で見たら直射日光が直撃するのでとても暑い。11月で熱中症になったらシャレにならん。後ろの方なら屋根で防げると思うけど最初は前で見ないとな。




11/3(水) 岩崎宏美 コンサートツアー太陽が笑ってる 相模女子大学グリーンホール大ホール

 町田って遠いからいつもサッカーだけで行く気が起きないんですよ。岩崎宏美一度見たかったしちょうどいい。今回当日券狙いだったけど結構いい席が。こういうライブだと当日券の方がいいというのはよくある。会場はハチマキ締めた人がたくさんいてヒロリンは未だアイドルなんだと思うと嬉しくなる。阿久悠、筒美京平に続いて川口真先生まで追悼しなきゃならないセトリ。終盤の思秋期、聖母たちのララバイ、そして雪村いずみのカバー虹〜Singerのエモーショナルな歌唱は圧巻すぎる。虹〜Singerはさだまさしが雪村いずみの人生を重ねて作った歌詞だけど岩崎宏美の人生にもハマる。渡辺美里にもカバーして欲しいけど歌詞は合わない気がする。美里さんは小さな幸せや伝説に逃げ込むチャンス無かったから。



 アンコールでは今度デュエット曲を出す野口五郎がサプライズ登場。おおあのままの野口五郎が動いてる。トークでは大御所なのにこの軽さ、威厳の無さは井上順に通ずるものがある。しかし歌はすごい、65才なのに少年のような声は宇都宮隆に通ずるものがある。でもアルフィーより年下だった。






211027 バイバイ長い夢 そこへ行くにはどうすればいいの


 ヤクルトは打つ方の戦力は常にそろっている。いつの時代も和製大砲が複数いるし外人も当たる。投手陣が10年に一度ぐらい噛み合うからその年優勝できる。ベイスも打つ方は同じなのだが投手陣が50年に一度ぐらいしか噛み合わない。和製大砲がいつの時代もいるのは羨ましい。ロッテは千葉移転30年で初芝しかいない。大松とアジャ井上は3年だけだった。アジャはケガなのかもわからず消えた。メンタル弱いから精神的なものなんじゃないかと心配。




10/25(月) ロッテ×ソフトバンク マリン

 天空席が手に入ったのでアイオブザタイガーを聴きながら酷寒のマリンへ。きれいな施設で科学的トレーニングをするドルフラングレン千賀と山で薪を割って修行するスタローン美馬という構図が浮かんだ。



 いきなりボコボコにされるロッキー。映画と違って形勢逆転はしない。優勝かかった最中に試合壊すまで先発を放置しますかね。何のための岩下待機だ。美馬なんて2失点したら交代でいいんだよ。井口の地蔵っぷりはどんでんさんに似てる。トーナメントの戦い方を知っている初芝に指揮官を譲るのです。最後にあまりにもひどい試合を見せられてドM冥利に尽きる。 天空席は結構見やすかったのが収穫。雨降ったしちょうどよかった。最終戦で優勝を期待するファンの前でまた酷い試合で負けるシナリオだと思ってたがあっさり仙台で負けた。

 優勝はオリックスの方がふさわしい。エースと和製大砲が2人ずついるもんな。ロッテは両方いない。なんで優勝争いできたかというとソフバンと西武がコケたからだけなのであります。これでCS1stはマリンかあ。少し考えてたマリン→i☆Risイベホが可能になったじゃない。




10/24(日) アクアノート 双葉樹里卒業公演 有楽町オルタナティブシアター

 良く知らない地下アイドルのエース卒業ライブを見に行くのも面白いと思ってな。近いし。オルタナティブシアターってどこかと思ったら有楽町マリオンじゃないか(2回目)。元映画館だ。
 アクアノートは少し知ってた。乙女新党の流れをくむいちごみるく色に染まりたいというグループがあって、そこにいた夕月朝葉さんていう幸薄そうな美少女のちょっとファンだった。その子が移籍してきたので。この次辞めるけど。地下って感じだけどいいライブだった。この後特典会が何時間とあるんだな。地下アイドルって大変。双葉さん夕月さん2人ともまだ中3である。その人生の速さに切なくなる。高校入ったらまたどこかのグループでやるんだろうか。




10/26(火) 湘南乃風 風伝説TOUR2020 四方戦風〜ぶっ飛べ クソアツい 粋な祭り 頂け一番〜 東京ガーデンシアター

 ねんがんの湘南乃風を見て来たぞ。ツアータイトルだけで胸やけしそう。延期で平日では集客も悪く直前でも1バルコニー。2バル3バルは閉鎖。後ろの方でいいです。これでガーデンシアターはアリーナ123バル全て制覇してしまった。
 1本のヤクザ映画を見たような感想。暴力!暴力!コメディ挟んでまた暴力!そして人情人情人情、最後に暴力!暴力!みたいな。女パチンコ喧嘩の叙事詩。マイルドヤンキーたちのサージェントペパーズ。日本の真実がここにある。
 これほどコロナのうちに見ておきたいライブも無い。あのタオルまみれは席ぎゅうぎゅうだったら相当きつかった。隣の人と肩組んだ振りして!とか。組まされるんですか本来は。恐怖。
 アンコールでメンバー1人1人が長い熱い説法。どんなに感動に持って行っても彼らのライブは最後は濡れたまんまでイッちゃって!!!で終わるらしい。サファリパークに丸腰で入ってきたようなヤンキーエンターテインメント。見る分には最高だった。でももう行けない。






211022 MXの空手バカ一代だけが楽しみだったがチバテレビのうる星やつらも毎日録り貯めるようになった


 エイベックスがザックリした
アイドルオーディションはじめたぞ。ここからわーすたやスパガの新メンバーも…というのは無さそうだ。この雑な感じからして別の部署がニジマスまねき夢アドぐらいの中堅アイドル作って小銭稼ぎたいんだろうな。樋口がいなくなったからエイベックスのアイドル部門はアイストだけの不文律も無くなったんだろう。しかし告知が雑だし宣伝もしてないし水ダウかなんかの企画なんじゃないかとも思ってしまう。結局デビューの音沙汰は無くあのオーディションなんだったんだろう?となる可能性が最も高い。エイベックスそういうの多いから。




10/13(水) ロッテ×オリックス 大阪ドーム

 かなり無理をして首位攻防戦を見に行きました。でもそれだけの価値はあったよ。歩いて行けるビジホに寄って大阪ドームへ。まず検温所へ行って券を受け取るってまだこのシステムなのか。こんな面倒なことをさせるチームに優勝させちゃいけない。



 試合は10月初めて打線が爆発して石川も復活する申し分ない展開。敗戦処理のノウミサンも打ち崩す。



 翌日昼どこへ行こうか。宝塚はやっていたが宝塚まで行くのが疲れる。弁天町の空庭温泉へ。ここは高い。前売り割引を使っても2000円を超える。しかし高いから人がいない。温泉と名がついて500円ぐらいだと地元の爺様がうじゃうじゃいるものだがこの位の値段だと全くいないものなんだな。ゆっくり人生について考える。あと10年働いたらセミリタイヤしたい。



10/14(木) ロッテ×オリックス 大阪ドーム

 宮城×佐々木という令和の巌流島。普段買わないような席だけどさすがにこの日は売り切れだったのでリセールで買ったらこんな前だった。1年通して投げた宮城は疲れからか黒塗りのレアードに追突してしまう。過保護に扱われた朗希は万全のコンディション。この試合でも6回80球台で交代。マーティンは足引きずってても出し続けるのに。ロッテの試合観戦でこんな劇的な試合を見られることはそうないだろう。




 朗希の投球フォームは細い手足がグルグルして目が回る。確かにまだ体が出来てない気がする。
 こんな大一番に勝ったら普通そのまま優勝するでしょ。しかしそうはいかないのがロッテ。予想通り貯金15が優勝ラインだった。オリックスはもう16には届かない。ロッテが貯金15に戻せなかったら仕方ないと諦めがつく。




10/16(土) SARD UNDERGROUND LIVE TOUR 2021 Cheers! Zepp Tokyo

 ビーイングオタとして1回は見なきゃな。Zepp Tokyoに来るのもこれが最後だろう。いちいちトヨタのショーケースに入らなきゃいけないのが嫌だった。混んでると人が詰まるから。
 演奏はしっかりしてる。サポメンもっと多いのかと思ったら岩井と車谷だけの最低限。ギターの子が不可解な辞め方をしたんだけど、こんなにいいならサポメンがドラムだけの体制で見てみたかった。ベースの杉岡泉美さんのファンなんだけどいろいろヤバい子だった。ZARDの曲を生歌で再現して聴けるのは素晴らしいし、オリジナル曲は三枝夕夏 IN dbやスパークリングポイントのような00年代GIZAのバブルガムポップらしさある。その2本柱でやって行くのは面白い。






211010 コロナ「わしら もう あきてきた 人類 ゆるしたる」




10/2(土) 楽天×ロッテ 楽天生命パーク

 仙台駅にはV6のシャトルバスが出ていた。あのバスでしか行けないアリーナか。歩いてスタジアムに行くと10月だってのに直射日光ですごく暑い。二木がダラダラと点を取られ続け今日はこのくらいで勘弁してやるとばかりに降板。ロッテは2点までしか取れないので序盤に3失点したらもう終わりなのだ。




10/2(土) LUNA SEA 30th Anniversary Tour CROSS THE UNIVERSE 仙台サンプラザ 

 球場からホールまで10分だったら行くよなあ。チケットも余ってたし。クソ席は俺が埋める。今はスレイブも普段着だと聞いていたが結構黒いじゃないか。しかしこのホールにはクソ席などない。ミニ武道館などと言われているが、それどころかほぼ銀河劇場と言っていい。銀劇の距離でルナシーが見られる。5人のカッコよさを堪能できたしニューアルバムからの新曲はプログレメタル感が強くプログレ成分を補給出来た。後半はヒットメドレー、完璧だ。
 ルナシーって高校で組んだバンドなんだな。V系バンドはみんな絶対的リーダーがライブハウス時代にいい奴を引き抜いてダメな奴をクビにしてを繰り返して「ぼくのかんがえたさいきょうのバンド」を作るイメージがある。主にヨシキのせい。 ルナシーも隆一かスギゾーがそんな風に作ったバンドかと思ってた。しかし一番若いイノランとJが高校の頃作ったバンドに先輩のスギゾーと真矢が入ってきて最後に隆一が入ったという。意外だった。ペニシリンが大学の軽音部で作ったバンドというのも意外。




10/3(日) 楽天×ロッテ 楽天生命パーク

 繁華街の治安の悪いカプセルサウナに泊まり翌朝。時間調整で映画見てからまた球場へ。歩くと結構遠いから今度はバスに乗る。一塁側なので日差しはきつくない。





 ボルチモアやシカゴで見られなかった田中をようやく見られた。ロッテは初回に2点取る。ロッテは2点しか取れないので小島が守れるかどうかが見所になった。
 スーパー小島和哉になってから初めて生で見た。一ヶ月前まで二木と変わらなかったのに悪魔と契約でもしたかのような安定感。小島個人軍としての勝利だったのでその後のロッテに勢いはつかない。

 ロッテの最大貯金が15だったからそれに戻すのが目標。オリックスにその上を行かれたらとても敵わない。 シーズン1位での優勝こそがロッテの悲願。優勝したのにCSで負けて日本シリーズ出れなくてつれーわーつれーわーとか一度言ってみたいのだ。だから優勝出来なかったら3位や4位まで落ちていい。そうすれば井口も監督に限界を感じて根本陸夫みたいにGMに専念してくれるだろう。
 新職場で適応障害まっしぐらの今、ロッテの最後を見届けるために無理をして大阪ドームまで行ってくることにしました。ドMの極み。




10/5(火) MTV LIVE MATCH ぴあアリーナMM 日向坂46/緑黄色社会/マカロニえんぴつ

 ぴあアリーナに来たかったし全部見たいグループだった。ぴあアは普通のアリーナの片方のケツがステージに特化しただけだと思ってたが、後方スタンドからでも近いように感じた。東京ガーデンよりこっちの方が良さそう。しかしアリーナは段差なしフラット。なのでアリーナの後ろよりは横のスタンドの方がいいだろう。スタンドも4Fはさすがに高さがあるが2F3Fなら悪くない。これもドームシティと同じだな。
 前座の日向坂の花ちゃんズ(今泉のゆいちゃんずの後継っぽいので不安だな)が終わった後バンドセットが組まれないからえっ日向坂が一番最初なのかい?と思う。客ほとんど日向オタに見えたので大丈夫かなって。ライブは乃木坂見に行った時と同じく双眼鏡でメンバーを確認する作業。緑黄色社会に齊藤京子が1曲一緒に歌うので客は誰も帰らない。
 まさかのトリがマカロニえんぴつ。やはり結構帰る人いた。 マカロニは東京カランコロンと同レーベルで弟分みたいな存在だったので是非売れてマカロニの師匠格としてカランコロンに再結成して欲しい。何を意地になってるのかダイ大のop曲やらないでやんの。フェスで一番有名な曲やらないのはよくないな。その点緑黄色社会は有名な曲を順に後ろからやっているかのようでわかってるなと思う。















ログ

2107-2109
2104-2106
2012-2101
2010-2011
2008-2009
2004-2007
2001-2003
1910-1912
1907-1909
1904-1906
1902-1903
1810-1902
1807-1809
1804-1806
1801-1803
1711-1712
1706-1710
1703-1705
1611-1703
1608-1610
1605-1607
1603-1604
1512-1602
1510-1511
1508-1509

新党
1505-1507
1503-1505
1501-1502
1410-1412

more aggressive
1409-1410
1407-1408
1406-1407
1404-1406
1403-1404
1402-1403
1312-1401
1310-1312

ex
1306-1310
1302-1306
1210-1302
1204-1209
1111-1204
1106-1110

1012-1105
1009-1012

DECADE
1005-1008
0912-1004
0907-0912

No9
0812-0907
0809-0811


young person's guide to THE ALFEE

2019 シカゴ+ MLB中地区観戦記
2017 Global Spirit Tour旅行記
2016 ドイツ旅行記
2015 LA-SF MLB観戦記
2013 NYラッシュ旅行記























inserted by FC2 system