パーリスに聞け!(フォームメーラー)










190522 何があってもエアペイなんか導入しないオダギリを応援するCMになってる


 5日間でアルフィー、サザン、GLAYを見てきた。やっぱりホールはいいよにゃー、ライブはホールで見るのが最高だ。 ドームは野球のためにあるんやで〜ライブのためにあるんやないんやで〜、そんな嘆きのドームみたいな感想になってしまったが鮮烈なホールライブ2本にドームが挟まれてしまったからだ。


 ミックジャガーの手術の経過が良くストーンズのツアー組み直されたが、他は全て延期になったのになんと自分が行くシカゴの日程だけそのままだった。行けるけど今更言われても無理。チケットは高騰してるしミックの体調が安心できん、それにストーンズは日本で見たことがある。海外では日本では絶対見れないものを見るのがマスト、ミランダランバートを見る機会はそうないだろう。カントリーの人って大都市よりちょっと小さい都市のしかも陸の孤島のような野外劇場でやることが多いし、冬はアリーナでもやるけど冬はメジャーリーグやってないから行くことはない。
 ミランダランバートはテイラースウィフトと同時期に若手カントリー歌手でデビューした時からファンだった。カントリーを踏み台に一瞬でポップに振れ切ったあっちに対し、今やカントリーロックの第一人者。ライブが見られるとは思ってなかった。



 川栄のデキ婚にはビックリしたな! これで浅川梨奈にチャンスが回ってきた!とすぐに思ってしまった。あいつがいる限り絶対にメジャーな仕事は回ってこないという最大のタンコブが勝手に消えてくれた。芸能界にはそういうライバルが勝手にコケてくれたという伝説が多い。このままB級女優になるのかと思っていたが、大河ドラマ「浅川の野望」がまた自分の中で連載再開された。織田信長で言う所の斎藤義龍が病死してくれた所。
 しかしあれだけ野心に満ち溢れていた川栄がこれか、この程度で満足してしまったのかな。ドラマにもCMにも脇役で出させてもらっただけで何も成し遂げていない。これからメイン級になれる所だった。元秋元グループ出身で初めてちゃんと売れそうだった川栄が結局これ。やっぱり秋元グループはこうでなくっちゃ。
 川栄はとっくにオタ切りをすませているので無風だが、相手の廣瀬くんのオタが百鬼夜行状態。元アイドリングかえぴょんと風呂に入った財木くんの時に、「2.5次元舞台の俳優は好きな人はめっちゃ好きだけど世間的に知名度は上がらない、熱狂的なファンだけが残るハイリスクローリターンな商売」だと思ったがまたその現象が起こっている。財木くん蒸し返されてるし。一般的には30過ぎの無名舞台俳優が、テレビで大売り出し中の一回り年下の若手女優に無慈悲な種付けプレス!だもの。種付けプレスは今年の流行語大賞でもいいと思う。
 辻ちゃんの時に「避妊は考えなかったんですか?」と聞かれた杉浦太陽くんが後で「あの質問をした記者の名前は一生忘れない」とウェットな怨念を吐露していたことを思い出した。今でも記者の名前覚えてんのかな。






190516 いつか地獄で愛を語ろう


 清竜人ハーレムフェスタってチケットまだ買えるのか。自分は仕事で行けないのが残念なのだが、アリーナクラスでやれるゲストがあれだけいるのにスタジオコーストが埋まらないとは思わなかった。ひょっとして竜人ってアニオタにもドルオタにも避けられてるんじゃ。

 夏が終わるまで落ち着かないので取り急ぎライブレポを書くだけの更新が続きます。



5/9 岡村靖幸/2019 Springツアー「セレブリティ」 @中野サンプラザ

 この流れなら行ける。10年再犯が無いからそろそろいいだろう。10年再犯が無ければのりピーだってテレビに出られる。 今はすっかり安定した活動をしてるように見える靖幸だけど、こういう安定した活動をすることがなかなか出来ず20年彷徨いあげく3年半も刑務所生活を送ってしまったはずだ。そのせいか今の彼はどうも楽しそうな顔をしていないように見える。それを確かめに来た。
 そんな大層なことは考えて無く、やっぱり靖幸のダンス、というか動きが面白いという小並感。フロントマンの凄さは歌ってない時のアクションでわかる。吉川晃司と戦わせたい。でもロボット感あったな。ライブをやってない時はこのまま仕舞っておくんじゃないかという。今の曲中心で昔の曲やカバー曲はアレンジが全然違くて聴きごたえがあった。30万じゃパパ可哀想って聞いてこれ家庭教師だったかとわかったくらい。U2の終わりなき旅は意外とオリジナルに忠実だった。普段の生活が想像できない、ライブの時だけ動く靖幸ロボという印象。このまま動き続けて欲しいもんだ。



5/12 Psycho le Cemu/エピローグ 〜もう一つの未来へ〜「あの理想郷旅行がはじまる...」 @中野サンプラザ

 これも一度見たかった。YURAサマがドラムキットを置き去りにしたままパラパラを踊り出した時がロック史上最大の事件だった。サイリウム使うっていうから棒を持って行ったけど使わなかった。1曲ごとに細かい振付があり一見ではどうにもならない。
 楽曲はすごい、5人全員でボーイバンドのように踊る曲もあれば激しいラウドロックもあり、その中間のギターとベースが演奏、AYAとYURAサマが踊る曲もあり変幻自在だ。10曲ぐらい続けてやった後に、出た!寸劇だ!これを見に来た。
 RPG衣装に身を包んで登場。5人の冒険者に禁断の媚薬に手を出した奴がいるという設定。捕まっているのがDAISHIでなくLIDAなので笑いが起こる。助けに来たDAISHIが「何故手を出した」「1回だけなら世間も許してくれる」等と言ってお前が言うなと客席からツッコミが。まあ確かに3回捕まった人も3日前ここでライブをやってたから大丈夫だ。
 ラストはDAISHIも自分が一度終わらせてしまったと真剣なコメント。彼はこれからも謝り続けるのだろう。大丈夫だ、3回捕まった人もここで(以下略)。それよりDAISHIの嫁が時東あみだったことに驚いた。多分知ってたけど忘れてたんだと思う。
 一度見るならこの20周年のライブだったのも当たりだった。最後は武道館に行きたいとスパガのようなことを言っていたが、武道館なら行くかも知れない。座席ありじゃないと行かないから。






190513 足があるのに歩かない俺には羽も生えやしない


 前から聴いてて一度は生で見たかった人達のライブを続けて見に行ってるけれど、独特のノリやお約束が形成されてて一見が迷い込むと疲れる。
 次はついにサザンか。さらにその後の吉田拓郎の予習中。サザンはアリーナとドームでセトリ変わらないんだな、もうちょっとヒット曲増えると思ってたけど。永ちゃんは同じツアーでホールからアリーナになったらヒット曲増やしてた。
 今回のサザンはマニアックなセトリと言われてるけど持ってる曲でプレイリスト作って聴いてるとなんとなく意図がわかる。特に中盤の青春番外地から濡れん坊とかのドロドロしたサイケ楽曲のくだり、あれはヨシ子さんだな。ヨシ子さんで桑田のマイブームになってる前衛アバンギャルド色をサザンでやりたくなったのではないだろうか。濡れん坊で喜ぶのはプログレファンの自分ぐらいなものだ。



4/28 筋肉少女帯/Here is your heaven! 〜メジャーデビュー31周年目前SP @EX THEATER ROPPONGI

 一度見たかったがようやく見れた。それこそ子供の頃から好きだったが見る機会が無かった。EXシアターならどこで見ても最高だ。もっとメタリックなノリのライブだと思ってたが割とポップ寄りでトークもとても多い。
 メンバーの仲も良好でユニコーンに続きおっさんイチャイチャコンテンツとしても優秀。50歳を過ぎるとみんな丸くなりかつての恩讐は消えてバンドの状態は良くなる。大槻ケンヂ自身が言ってたんだっけ、ROOTS66に出た時みんな丸くなってたって。新曲の「オカルト」も良かった。中学生の頃オールナイトニッポンで初めて聴いた労働者Mで締め。30年も前だよ。

 そしてアルフィーファンの自分は長谷川浩二がドラムを叩いているだけで泣いてしまう。太郎には悪いけどやっぱりアルフィーのドラムはあんたや。そうる徹に続き元アルフィーサポメンを連続で見ることになった。実は山石敬之のソロライブにも行こうかと思ったが山石の歌をYOUTUBEで予習したらこれはいいやと思ってしまった。



4/29 YUKI/concert tour "trance/forme" 2019 @神奈川県民ホール

 しつこいけど一度見たかった。いつも気づくとツアーが始まっていてチケットは売り切れているという。今回は見張っていて当てることが出来た。ようやくカリスマのライブを見れた。奇抜な衣装にトリッキーなダンス、若々しく声も完璧だった。そこにYUKIがいるだけで納得できる。

 ところで自分はスラムダンクをリアルタイムで読んでた時ケンカやめてバスケだけやるようになってつまらくなったと思ったぐらい見る目の無い人間だ。JUDY AND MARYが解散した後TAKUYAは新バンドなりプロデューサーなりでも売れるだろうけどYUKIは売れないだろうと思っていた。ソロデビュー当時のYUKIはアングラ系ロックの人たちと組んでたからそっちの方向へ行きたいのだろうと思っていた。それが30半ばになってからagehaspringsと組んでポップに振れ切るとは読めなかった。あれほど才気に溢れていたTAKUYAがあれほどポンコツだったのも読めなかった。

 新作formeはYUKIが好きなミュージシャンに楽曲を依頼したアルバムだが、パフォーマーが本業であるミュージシャンに依頼してもいい曲はくれないよね、そういう人はいい曲出来たら自分で歌いたいもん。agehaspringsは専門の人たちだから最高の曲くれるだろうけど。そんなことを思ったアルバムでした。
 絶頂期のマッチが永ちゃんに作曲依頼したら「最高の曲ができたら僕が歌いたいから」と言って断ったというが、ホント永ちゃんはアリよさらばに出ちゃったこと以外は常に正しい。






190509 山さえお尻に見える


 即位の日は仕事なので帰りの常磐線の中でTK presentsこねっと「YOU ARE THE ONE」を聴きながら令和を迎えました。切り替わるその瞬間に歌っていたのはDJ KOOでした。そのせいか風邪を引いて死んでました。

 シカゴからセントルイスは比較的近いので行ける。その週のカージナルスの試合はこんななのだ。
 月〜木 vsマーリンズ 金〜日 vsエンゼルス
 オオタニサンは見たいがセントルイス行きを週末に持っていくと移動が苦しくなる。あとチケットの値段が全然違う。マーリンズ戦で一番安いのは外野の10ドルだが、エンゼルス戦だと同じ席が40ドルになるのだ。そこまで露骨かよカージナルス。これは週末かつエンゼルスには大谷トラウトという人気選手がいるということもあるが、マーリンズが極端に不人気なのも大きい。
 マーリンズは今メジャー30球団の中で飛び抜けた暗黒チームなのだ。勝率は一時2割を切るほど弱いし、人気選手は全て売り払い当然観客動員も飛び抜けて少ない。またマーリンズを出た選手がみんな大活躍してる。しかし自分は空いてる方がいい。 大谷は日本で何度も見たしトラウトとプホルスも見た。僕はグランダーソンでいいです、あの3年で5球団をたらい回しにされ引退間際に小銭を稼ぎに来たグランダーソン。

 ヤンキース怪我人が多すぎる。ジャッジかスタントンどっちか戻って来てくれよ。またガードナーの活躍を見ることになりそうだ。



5/4 i☆Ris/5th LiveTour〜FEVER〜 @日立システムズホール仙台 シアターホール 昼夜

 4日だけ休みになったので急遽仙台に行きました。自分にとってi☆Risが最後のアイドルだから。ホントは秋田だけど茜屋の凱旋扱いなので来年あるかわからんし。前回見て2時間15分で終わるの知ってるからギリギリ最終やまびこに間に合う。
 会場がすごく良かった。580席しかない。中野サンプラザの1/4しかないからどこでも普通のホールの最前エリア。来てみると写真で見るのよりギュッと凝縮された感じがある。15列しかないのにしっかり段になっているのでステージの底まで見える。マウントレーニアホールでも1F後ろだと結構見えなくなるのに。

 2列しかない2Fで見ても良かったがギリギリに買っても1F10列ぐらいが出てしまう。そんなわけで三郷で見た時と内容はだいたい同じでも全然臨場感が違う。三郷も結構小さいホールだったのに。あなたの好きな歌手・グループがここでライブがあったら絶対行きましょう。新幹線代を払う価値がある。日本最高会場決定。ユアスタとかミニチュア武道館と言われる仙台サンプラザとか、仙台はいい施設をたくさん持ってやがる。
 なんか内容全然書いてないが山北の出番がやたらあり芹澤の休養回だったような。茜屋のPOLKA DOTSの曲回収。ここで見たらもう中野では見れない。



5/4 JFL ソニー仙台FC×ラインメール青森 @ユアテックスタジアム

 宮城球場で高校野球もやってて楽天クソ主催ナシで入れるなら行きたかったが、立地を考えるとこっちにした。ライブ会場から3駅なのだ。5年ぶりに来たが惚れ惚れするスタジアムだ。後半30分にソニー勝ち越しゴールを決めたのでそのままライブへ行けました。








190427 令和に平のオジキが放つ作詞shungo.作曲都倉俊一「パルテノン」の最終兵器感


 餃子対決で「餃子というと普通焼き餃子だから山岡は水餃子で来るはず、だから私は蒸し餃子にした!」ってドヤ顔で言う海原雄山かわいすぎるだろ。あと山岡が出した黒砂糖餃子がやたら好評で異常に悔しがる所もかわいい。


 やっぱり即位の日ぐらいはドイツの日曜みたいに商店も全部休みにしないとダメだよな。プロ野球とかもやるしテレビは相棒の再放送とかやるし一生に何度もない改元という感じがまるでない。昭和天皇の時はレンタルビデオ屋しか開いてないとかネタになるぐらい国家イベント感あったのに。まあもう天皇は今の天皇陛下で終わりだと思ってる。ぶっちゃけ皇太子が嫌いだしこれからは皇位継承とか揉め事の種ばかりで不毛な論争とか見たくない。


 筋少のライブ前に平成最後のJリーグでも見たかったけど行けそうなのが日産スタジアムしかないので無理していくこともないだろう。6年前に行って二度と行く気が起こらない日産スタジアムとかいう日産スタジアム。平成最後は日本平でいい。



3/31 春季高校野球 @草薙球場



 高校野球やっていたのでついでに前から行きたかった草薙球場へ行ってきました。静岡県のメインスタジアムにしてはあまりデカくない、大田スタジアムと同じような感覚。強風もあり17-13というすごい地方大会らしい試合を見せてもらって得した。



3/31 J1 清水×湘南 @IAIスタジアム日本平



 いつも後回しになっていた日本平にようやく来れた。これで今のJ1は大分以外全部行ったかな。大自然の中にありバックスタンドから富士山も見える、快晴だったこともあり過去最高と言ってもいいスタジアムだった。でも山奥にあり車でしか来れないので帰りのバスはめちゃくちゃ混む。常連さんは5分前からぞろぞろ帰ってた。エスパルスがひどかったこともあるが。






190424 夢から醒めた夢


 シカゴ準備メモ。アリアナグランデちゃんのマジソンスクエアガーデンの日にビリーアイリッシュのラジオシティミュージックホールのライブがあることに気づいた。こっちでニューヨーク行っちゃおうかと思ったがチケットが最低400ドル以上とかでもはやどうにもならなかった。日本で言うとデビュー当時の宇多田ヒカルを国際フォーラムで見るような感じだからな。あぶない所だった、あんな音数の少ない音楽に5万円も使ってNY一泊は常軌を逸している。エドシーランさんは巨大なサッカー場やアメフト場でライブをやっているが、あんな念仏みたいな曲で8万人とかが盛り上がるのか前から不思議だったが世界はさらに音数少ない方向へ行っていてそのうち何も無くなるんじゃないか。未来の音楽という感じはする。
 ストーンズのライブが中止になった日にシカゴでカントリーのフェスがある。ヘッドライナーのミランダランバートは昔からファンなので行きたいのだが炎天下の昼間からのスタンディング野外フェス、周りはウェーイヒャッハーアメリカ人ばかりというのは心身ともにキツそうだ。今回は2015年の再現でメジャーリーグを見まくる遠征にしたい。



 ピン子は浦田に下積みを忘れんなって言ってるからAAAが売れるまで時間がかかったグループだって知ってるよね。ピン子はAAAを知ってる。知ってるのに「韓国のグループかと思った、3人だと思った」と言ったのは浦田が「俺はAAAだ。知らないの?」とナンパにAAAの知名度を使ったから「世間的にはAAAの知名度なんてこんなものだ、うぬぼれるな」と怒っているのだ。 テレビに求められている暴言おばさんという役割を忘れて下積みを忘れんなと言ってしまったのがピン子の真摯なメッセージだったと思えないだろうか。



 NGT48の件は太野西潟山田をいつものように契約違反の名目で処分すればそもそも事件は明るみに出ず、運営が守りたいだろう荻野や加藤の所まで行かなかった話でしょう。何故それが出来ないのか誰もが思う。何らかの秘密を知ってるから処分出来ないっていう説もなあ、太野自身が処分されなかったことに驚いてるように見えたし。スポンサーが不買を食らうおぎゆかのタレント生命はもはや終わりだろう。中井りかはどうしようもないズベ公だけどこの件は関係ないのに叩かれてる。
 ここまで放置する答えは一つ。秋元康はカオスを作り出す、世の中を騒がすことが目的なのだ。こうやって社会が騒然となっている状況、NGT騒動そのものが彼のエンターテインメントであり最高の作品なのである。もう総選挙も飽きた金も稼いだ。NGT一つくらい潰してもそっちの方が面白い。「のび太の恐竜」のドルマンスタインが「首長竜などどうでもよくなった。こっちを続けて見よう」と言ってピー助を手に入れることよりティラノサウルスに子供が食い殺されるショーを望んだように。暇を持て余した神の遊び。NGTは彼の実験農場だったんだよ!
 おぎゆかは山口の桜、ガリガリ君ていうあの煽りがまずかったなあ。まほほんがフォロー外しただけでグレーでいられたのにあれで確信に変わっちゃったから。



3/30 JFL Honda FC×ヴィアティン三重 @都田サッカー場

 18きっぷが残っていたので当初大阪まで行こうと思ったがもう疲れるので行ってない静岡のイベント場を制覇してきた。 アマチュアサッカーの聖地、ホンダの都田には昔から行きたかった。選手がライン際に来るとさすがの迫力。JSL時代の名残が多く残っている。





 こういうことでも無ければ乗らないだろう天竜浜名湖線に乗り行きは常葉大学前駅、帰りは都田駅から帰った。行きは山一つ越える上り坂だったので帰りをこっちにすれば良かったと思った。帰りは広大な都田総合公園を突っ切って行ったので静岡の雄大さを体感できる。たまには山道を歩かなきゃいかん。





3/30 ケツメイシ/KTM TOUR 2019 荒野をさすらう4人のガンマン @エコパアリーナ

 エコパとかマリンメッセとか小さすぎるな。スタンド一層しかないからさいたま横浜に慣れると驚くコンパクトさ。同じ値段取っちゃいけないくらい見やすい。
 一度見たかったんですよケツメイシ。トレインあたりまでは聴いていた。トモダチとか涙とかその辺の曲もやってくれた。 しかし曲知らなくてもいいぐらいのエンターテインメントに溢れていた。
 ガンマンをテーマにしたコントはクレージーキャッツやドリフを思い出した。ALFEEのコントより作りこんでいると思ったが芝居はグダグダで同じだった。Ryoの大石内蔵助のような魅力、Ryojiのバツ3という人間性とだらしない体型から出てると思えない少年のような歌声、他2名という四者の個性が見れてショーはとても良かった。
 しかし客層はキツい。ギリギリに行ったら自分の席にどっさり荷物が置かれていて、福岡のカチンとくるけんの人にそっくりなDQN家族の家長がこちらを睨みながらめんどくさそうに片付け始めた。気分は悪かったがケツメイシのライブを特に地方で見るというのはこういうことかと体感できた。でももう行かない。






190421 清水コーチって将海かよ


 Bリーグプレーオフの複雑なレギュレーションを何度も読んで理解した。福岡のB1ライセンス剥奪、B2からライセンス無しクラブが勝ち上がって来やがってしかし入れ替え戦をやって金を稼ぎたい運営が絡み、もうインセプションみたいに難解すぎる。それでも入れ替え戦無しの可能性がある。
 さらに福岡は一気にB3まで落ちる可能性がありそう、そうなるとB2八王子がB3入れ替え戦に出なくて良くなるんだよ!もう意味が分からない。
 B3からB2に昇格するのは板橋の体育館が狭くてライセンスが取れないあのエクセレンスだけど、今回B2ライセンスがもらえたらしい。理由は「2023-24シーズンから東京23区内に計画されている新設アリーナを利用予定のため」。どこにそんなものが出来るんだ、前もそんなこと言って出来なかったような。
 金沢とか福岡とかダメクラブがライセンスを剥奪されてるのでB2は18チーム揃わなくなるかもしれない。ダメクラブでもやって行けたbjリーグが懐かしい。エクセレンスとB2行きを争っているのは、大塚商会アルファーズが名を変えプロ化した越谷アルファーズ。八王子とか越谷とか、なんかさあ…。



 AAAなんてにっしー、宇野ちゃん、スカイハイ、狩野英孝しか知らない。あっその狩野英孝か、でおなじみの浦田がついにやらかしたか。いくらヤンキーの仁義に厚いエイベックスとはいえ、TOKIO、純烈案件と同じでAAAというグループを守るためには解雇だろう。でもスパガの稼農ですら数年後名前を変えて戻ってこれたのだから浜崎西太后の寵臣でもある彼を完全に切り捨てはしないだろう。数年後西太后のバックダンサーからやり直しだな。でえじょうぶだ、後でドラゴンボールで生き返れる! 思いっきり切れ松浦!



4/16 天童よしみ @浅草公会堂

 オラもっと強い奴と戦いてえ!という気分で見てきました。ジャンルを越えて凄いボーカリストを見たい。
 演歌は客がネットで買ってないからギリギリで買ってもいい席が買えるとサブちゃんや森進一の時言ったけど、今回なんと2列目が出ましたよ。そして自分の前誰も座ってないからまあ最前ですよ。遠くからでも記号としてわかる天童よしみちゃんの顔をゼロ距離でクッキリ見るとは。
 まずバンド編成をチェック。ドラム、ベース、ギター×2、キーボード、パーカッション、バイオリン、ホーンセクション×4、コーラス×2の豪華13人編成。ドラムがそうる透だったのでアルフィーと繋がった。
 1曲目いきなり珍島物語が激アツ過ぎる。ワインレッドの心、糸、やっぱ好きやねんとポップスのカバーもやった。もの凄い声量、情念、表現・演技力と3つ揃った完全無欠のボーカル。その歌を受け止めるのは台風の中にでもいるような感覚だった。 美空ひばりメドレーでは美空ひばりに寄せて歌ってくれる。大ちゃん数え歌が無かったのは残念だったが、「この世で一番強いヤツ」って感じのライブだった。
 浅草公会堂にも入ってみたかった。1000人というちょうどいいホール。有安とはるな愛の花輪があった。はるな愛本人も来ていて、あそこにいまーす!と晒されていた。



4/16 KRAFTWERK @Bunkamuraオーチャードホール

 浅草から銀座線で終点まで。テクノの元祖クラフトワークを人生で一度は見るべきだ。
 全員3Dメガネをかけて着席して待つ。クラフトワーク登場、全身タイツで4人並んでネットサーフィンという何度も見た記号ライブスタイル。この中に1人何もやっていない人がいますというクイズみたいだ。映し出される3D映像は子供の頃見たSF映画「トロン」あたりを思い出したレトロフューチャー感覚でワクワクした。代表曲の数々を最新のリミックスで聴かせてくれる、でも3Dメガネをかけて着席なのだ。電卓は電卓だよなあ。
 今回6列目でサンキューミスターウドーだったが、彼らが手元で何をやってたか全く見えないので2Fからもう1回見たいがそんな金もヒマもない。ラルフ・ヒュッターは結構普通に歌うんだな、ボコーダー的な感じじゃなくて。テクノとは子供をワクワクさせる音楽だ。






190418 宇宙戦艦アルフィー(65才のバンドのアルバムタイトル)


 アルフィーの夏のライブは幕張収容所か、何にも見えないぞ。これで一番暑い時に出かけなくて済んだ。あそこはスタンドも無いただのデカい倉庫だから、一角をステージに使うフェス系ならともかく、まともな歌手・バンドがワンマンライブをやる場所ではない。
 でもニューアルバムのタイトル「Battle Starship Alfee」=宇宙戦艦アルフィーというのはマジキチっぽくて期待してる。 なんかオリオンとか無情の愛Xみたいな特撮アニソン系の曲ばかりになりそう。松本RAGEに許可は取ったのかな。

 a-nationもラグビーワールドカップで味スタが使えなくて今年は関東無し。正田醤油スタジアムでやればいいのに、あそこでラグビーやらないだろう。なんかすごい牧歌的なa-nationになりそう。あと宇都宮清原球場とか。東京周辺ばかりが関東じゃねえぜ!と「正義の超人はキン肉マンだけじゃねえぜ!」ばりに声を上げた。

 ラグビーワールドカップも一つぐらい見たい気もする。寂れた場所でやるチケット売れなそうなカードがいい。そんなわけで熊谷でやるアルゼンチン対アメリカがいいんじゃないかと思う。



4/13 i☆Ris/5th LiveTour〜FEVER〜 @三郷市文化会館

 3年連続ホールツアー。ホールである限り行きますよ。ライブは浜崎さんの流れを汲むバーレスク風のアートワークで、エイベックスらしいアガる曲連発のセトリ。茜屋のバラードとか無かった。そんなライブだから客の発狂度がヤバかったですね。年々ヤバくなっている。久保田や山北のソロ曲でネズミ花火のようになっていたオタクが山北澁谷の曲で休んでたり。周りのオタはオカダスズコの話ばかりしていたり、アンコールのアーイーリス!コールの中にウェイク!アップ!ガールズ!と叫ぶ奴がいたり、オタクの方が面白い。
 ミルキィやWUGの残党も流れてきているのかと思った。でも客は増えてないんだな、どうしてよ! どうしてどこもソールドアウトしないのよ〜! 終盤メンバーが客席通路に降りてきたがi☆Risでそれはちょっと危ないんじゃないかと思った。全員クセが強いから見れば推しを一人必ず見つけられると思う。 プリパラの曲を減らして新曲を増やしたりプリパラ頼みから脱却しようという意図を感じられたのは良かった。なのになぜChanging pointやらないのよ。もう1回はどこかへ行くだろう。

 三郷→九段下が結構ギリで2時間15分以上やったら途中で出るつもりでいた。2時間12分ぐらいで終わって完璧だった。 念のため常に遅れる常磐線は使わず、高くてもつくばエクスプレスで行った。20秒早発して謝罪し海外でニュースになったつくばエクスプレスを信じた。



4/13 エリック・クラプトン @日本武道館

 2年前のニューヨークでデペッシュモードの直前にクラプトンもマジソンスクエアガーデンでライブをやっていた。その時調べたら一番遠い安い席で250ドルぐらい、近い席になると1000ドル越えですよ。クラプトンってアメリカで見るとめちゃくちゃ高いんだな。ならば来日した時一度見なければならんとその時思った。日本だと一律125ドルでしょう狭い武道館で。
 席は真横でちょっと注目していたキーボードのポールキャラックが後ろ姿しか見えなかった。レイラ、バッジ、シェリフ、ティアーズ・イン・ヘヴン、ワンダフル・トゥナイトと知ってる曲ばかりで興奮した。ブルースがHR/HMの祖であることがわかる、一度は見ておくべきだった。
 アンコールで同じく来日中だった現代の3大ギタリスト、ジョンメイヤーが飛び入りで曲はコカイン。サビでコカイン!と客が叫ぶ。ジョンメイヤーのライブも見たかったのだがさすがに余裕が無かった。でも彼の所属するDead & Companyをシカゴで見られるかも知れない。あのグレイトフルデッドをリグレーフィールドで見られるならばストーンズにも勝る。 デッドは絶対に来日しないから。






190416 ライブレポが10本貯まる恐怖。


ザ・ノンフィクション ふぞろいの宝石たち

 GEM解散から1年経ち、年度をまたいだ所でメンバーの今の状況を振り返ってみようと思いました。

・エイベックス残留組
熊代 ONE CHANCE加入 リーダー
平野 ONE CHANCE加入 たまにモデルの仕事がある
小栗 ONE CHANCE加入 大学4年
西田 ONE CHANCE加入 高校3年
金澤 SUPER☆GiRLS加入
森岡 舞台女優へ 仕事は多い
南口 ウクレレシンガー兼舞台女優

・エイベックス離脱組
伊藤 HIDLへ移籍 7☆3加入 主に地元愛知で活動
武田 サンミュージックへ移籍

伊山 DEAR KISS加入
村上 デキ婚 夫婦ユーチューバー

 ONE CHANCEという後継グループが出来たもののほぼ活動はない。森岡の舞台仕事は順調なのでエイベックスは歌手を売り出す気はなく舞台やるなら残れるという感じ。熊代と平野はエイベックスの食堂でバイトしてる姿がテレビで映っていた。芯から歌手である熊代はONE CHANCE以外仕事が無く辛い状況だが本人のキャラのせいか悲壮感はない。
 歌手をやりたくて移籍したはずのエース武田が行ったのは今や芸人事務所のサンミュージック。あそこ歌手なんかいないけどどうなることやら未知すぎる。
 1月に南口伊山村上以外の8人でGEMの同窓会があった。当然8人は村上の出産も無視である。南口は唯一まだ伊山村上と交流がある人物なのでチェッカーズにおけるクロベエの立場に近くなってきた。
 全員一応芸能界にいるので、ザ・ノンフィクションふぞろいの宝石たちとして毎年振り返ってみたい。特に1年後は小栗と西田の卒業があるので去就が気になる。自分が心配しているのもその2人である。エイベックスは去る者は追わずという感じで縛りもなく移籍できるみたいなので西田ひらりちゃんどこかに逃げられないか。



4/12 イースタン 日本ハム×ロッテ @鎌ヶ谷スタジアム

 ちょっとアジャの様子見てくる。市川のライブ前に鎌ヶ谷のロッテ戦があるのに行かない法はないだろう。藤原も安田もいる。高野がピッチャー返しを受けて救急車で運ばれるアクシデントはあったが、三家のホームラン、アジャ二世山口のツーベース、伊志嶺の暴走、ハム万波の2ホーマーなど見所は多かった。万波ってなんだあれティムアンダーソンみたいだった、とんでもない奴がいるもんだ。アジャは200打席与えないと打たないから2軍落すより8番あたりに置いとけばいい。今年はマリン行かないかも知れん。


ジャイアン。エラーしたらぶん殴る。2軍のぬし復活


メジャーリーガー万波



4/12 UNICORN/100周年ツアー百が如く @市川市文化会館

 大昔から好きだけどそういえば一度も見たことが無かった。あの5人をやっぱり見たかった。全員クセが強い、奥田民生を単なる1/5にしてしまうこれぞユニコーンだった。
 今回のツアーは100にこだわりがあって100分で終わらせるという短いものだったが、最近ライブ行き過ぎで疲れていた自分にはこれが良かった。だらだらグッズ紹介などせずMCは曲間に短く入れてすぐ次の曲をやる凝縮したライブだったので短い気はしなかった。
 ライトファンである自分には働く男とヒゲとボインと自転車泥棒聴けただけで十分。でも一番凄かったのは新曲の55だった。ライブで聴いて奥田民生のボーカリストとしての凄さに圧倒された。あんな感覚は体験したことない。いじられまくる阿部などおっさんイチャイチャコンテンツとしても優秀、その極北にアルフィーがある。






190414 庵野秀明は実写ドラマでガッキーの父親役をやったことがある。○か×か、さあ行け!


 喜矢武豊は現代の稲川淳二と化してるな。曲タイトルが令和でもやってることは昭和のテレビっていう。俺はこうでもしないとバンドに貢献できないんだ!という彼の献身ぶりに泣けてしまう。


 三浦大知がキムタク娘の作った曲を歌わなきゃいけない理由とは。何故よりによってライジングがキムむすの箔付けに協力してやるんだ。またその曲がジャニーズ主題歌のドラマの挿入歌になってることからジャニーズとライジングの間での高度に政治的な取引を察して恐怖すら感じる。マルタ会談みたいにジャニーさんと平のオジキが握手してる写真でも出してほしい。 芸能界で最もオジキと呼ばれるのが似合う人。



4/6 9nine/one man live 2019 Forever 9nine @中野サンプラザ

 9nine活動休止前のラストライブ。チケット普通に売ってるので行くことにした。ラストライブなのに2Fの後ろ半分はガラガラで。はっきり解散と銘打って昼夜でなく1公演だったら売り切れただろう。
 最後だから今後に続く発表もなく3時間近くひたすら曲をやりまくる激しいものだったが、足掛け15年もの歴史を持つグループの終わりにしては寂しい気もした。佐武が最初誰だかわからなかった。また変わったのか。やっぱりはっきり解散の方が潔い気がする。解散で再結成すればうみにーもスムーズに参加できるのに。
 そういえば一番最初の9nineではるびび推しだった。9nineって黒髪ロングのすらっとした美少女、いわゆるルックスメンの存在がついにいなかった。それっぽかったのがるびびだったんだけど。そういう新規ホイホイがいなかったのも9nineがいまいちだった理由の一つだと思う今更ですが。るびび→空白→ヒロロっていうのが推しの変遷だった。 2人多分会ったことないと思うけどニックネームのセンスは似てる。



4/1 PET SHOP BOYS/The Super Tour @日本武道館

 たまにA1、A2、A3と縦に配置することがあると聞いたので油断しなかったが本当に最前だった。横の方だがそれでも武道館の最前は初めてだった。最後隠し出口が開くのねキネマ倶楽部みたいに。
 予習してきた通り往年のヒット曲全部網羅で近年の曲の中に上手くまぶしてある「こういうのでいいんだよこういうので感」がやたらあるセットリストで満足した。Se A Vida Eが聴きたかった。








190409 振り向かず愛のために闘え


 今更ですが2016年の
ドイツ旅行記をまとめてみました。もう細かい記憶が無かった。何せ3年も前なのでシャビもラームも引退している。ウンハイリッヒはグラフがソロ活動でもしてるのかと思いきや彼は完全に引退していた。残されたメンバーがウンハイリッヒの名を使って他のバンドとコラボツアーをしてクイーンのようになっている。Megaherzは何も変化ないです。
 3年経つけど欧州サッカーをまた見に行きたいという気分にはならない。メジャーリーグは2年行かないと禁断症状が出るくらいになってしまったのだが。何故かというと、欧州サッカーは試合だけやっているのである。いや当たり前ですが。やっぱり欧州におけるサッカーとは戦いであってエンターテインメントの要素は薄い。アメリカはメジャーリーグもNBAも常に客を楽しませる演出があり、スタジアム内部も全部デコられていて見る所が多い。試合を知らなくてもそこにいる雰囲気だけで楽しい。欧州は遊びが無い。どっちが好きかと言われればエンターテインメントならアメリカだ。アメリカ万歳。それに欧州サッカーはチケットを取るのも大変だ。メジャーリーグは重要な試合でもない限りチケットはいつでも取れる。試合は毎日やっているので毎日見れる。だから自分にとってサッカーはJリーグで十分。






190407 48日後…


 ミックジャガーが入院してローリングストーンズの全米ツアーがキャンセルになってしまった。実はシカゴのソルジャーフィールド公演に行くつもりだった。ストーンズは東京ドームで見たことあるからいいんだけどアメリカの巨大アメフト場のライブというものが見てみたかった。
 この日のシカゴには見られるものがいっぱいあって予定をまた立て直さなきゃいけない。 ヒュージャックマン、ミランダランバートのフェスとか。グレイテストヒューマンも見たことないお前が何故ヒュージャックマンを見るのだと言われればユナイテッドセンターに行きたいからということしかない。しかしそれよりもメジャーリーグメインで行くのだから強引にもう1都市メジャー観戦増やす方向で考えてる。あんまりアメリカ国内便乗りたくないんだけど。
 アリアナグランデちゃんのツアーに行きたくてニューヨーク回しを本気で検討していた。ティーンアイドルからいろいろあって本格的なエンターティナーに脱皮するツアーだから行きたかった。どうも今回のツアー、本気でデジカメを持ちこんじゃいけないなど入場が面倒くさそうなのでここは我慢だべという気分になった。望遠で撮影できないのなら日本と同じだからなあ、年末あたりに来るだろ多分。



 ポルノグラフィティ、ケツメイシ、aiko、ASKA、山下久美子とか昔好きだったライブを見に行ってるんだけど、今年クジ運が良くてほぼ全部行けてる。これからもこんな予定で夏まで生きていられるか不安。

4/12 ユニコーン 市川市文化会館
4/13 i☆Ris 三郷市文化会館
4/13 エリック・クラプトン 日本武道館
4/16 天童よしみ 浅草公会堂
4/16 クラフトワーク オーチャードホール
4/28 筋肉少女帯 EX THEATER ROPPONGI
4/29 YUKI 神奈川県民ホール
5/9 岡村靖幸 中野サンプラザ
5/12 Psycho le Cemu 中野サンプラザ
5/18 THE ALFEE 福岡サンパレス
5/19 サザンオールスターズ 福岡ヤフオクドーム
5/22 GLAY NHKホール
5/28 吉田拓郎 宇都宮市文化会館
6月 坂本冬美 明治座
6月 シカゴ遠征
7/27 アリス 松戸森のホール
7/30 B'z さいたまスーパーアリーナ

 ミスチルだけ当たらなかったんだけどサザン優先だったからもう入れる日程なかったという。 サザンは4〜5年に1回しかやらないけどミスチルは毎年やってるから。















ログ

1902-1903
1810-1902
1807-1809
1804-1806
1801-1803
1711-1712
1706-1710
1703-1705
1611-1703
1608-1610
1605-1607
1603-1604
1512-1602
1510-1511
1508-1509

新党
1505-1507
1503-1505
1501-1502
1410-1412

more aggressive
1409-1410
1407-1408
1406-1407
1404-1406
1403-1404
1402-1403
1312-1401
1310-1312

ex
1306-1310
1302-1306
1210-1302
1204-1209
1111-1204
1106-1110

1012-1105
1009-1012

DECADE
1005-1008
0912-1004
0907-0912

No9
0812-0907
0809-0811


速報
2017 Global Spirit Tour旅行記
2016 ドイツ旅行記
2015 LA-SF MLB観戦記
2013 NYラッシュ旅行記























inserted by FC2 system